あい●旅館の自動販売機はまだありました

この記事は2分で読めます

Pocket

2016年3月初頭のこと。

昨年のことです。

世界文化遺産である
東寺(京都)で行われる

毎年恒例の井本整体
『京都セミナー』の前日。

阪急電車に乗って
大阪に足を伸ばした。

 

目的は、鈴木が
まだ中等講座生だった頃に
3度、勉強に通った場所。

梅田から、地下鉄の御堂筋線に
乗り換え『天満橋』下車。

 

そこから緩やかな坂道を
登りきったところから横道に入る。

(あった。あい●旅館が、、、)

あれから18年近く経つのに
その旅館は昔と同じようにあった。

外観は変わらない。

でも、以前と違うのは、

真夜中の小休憩の間に
後輩におごった缶コーヒーの
自動販売機が旅館の左にあったのが
右に変わったことだけ、、、

(でも、よく覚えているなぁ~)

 

 

井本先生が18時前後おみえになる。

お茶も召し上がらず
すぐに我々生徒に指導を
してくださる。

大体12時前後。
先生が宿舎にお帰りになる。

それから、1時くらいまで休憩する。

鈴木は、外にある自動販売機で
缶コーヒーを買ってゴクリゴクリ飲む。

その間、周りの景色を見る。

東に大坂城が見える。

大坂と横浜の違う点を考えてみる。

・横浜=月極駐車場 
 大阪=モータープール

 

・横浜の公園=赤土(関東ローム層) 
 大阪の公園=白土

(横浜もいいけど、大阪もええなぁ~と思う)

 

当時は、今と違って
セミナーの前日は
徹夜が当たり前だったので、、、

 

旅館に戻る。

みしみしいう階段を昇り
今にも沈みそうな畳の部屋で練習をする。

 

朝まで、、、

 

課題は、たいてい硬結探し。

※肘とか鎖骨下とかで
硬結を探す練習。指先が敏感になる。

 

整体指導者を目指す人は
必須の練習。

 

 

ただ、この練習の欠点は

上手な人にあたると、
とても気持ちがいい。

瞬間、眠りに落ちる。

 

だから、眠くなったら
同期と組んで練習する。

下手なので、たたその箇所が痛いだけ。

自然に目が覚める。

 

 

なんてことを

この旅館を見てて思い出しました。

 

 

追伸
この自動販売機で、あの頃買った
缶コーヒーを探したがなかった。

あれから18年が経っているのだから。

東を見た。

そこには昔と変わらず
大坂城はそびえていた。

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^