鳥目 の意味を知っている人が少なくなった

この記事は2分で読めます

Pocket

日頃、食べすぎの患者さんに

決まって言うことがある

 

 

「○○さん、いまどき

鳥目の人はいないですよね?」

 

「そうですね」

 

「だったら、ちょっと食べる量を

減らしても大丈夫ですよね?!」

 

「まぁ~そうですね

(伏し目がちになる)」

 

 

どの年齢かはわからないが

ある年齢を境に

 

「鳥目(とりめ)って、

何ですか?

 

という、まなざしを

向けてくることがある

 

 

試すとかじゃなく

ホントに「鳥目」???

わからないわ初めて聞くコトバだ

 

「先生、何ですか『鳥目』って?」

 

どうやら「鳥目」はある年代からは

完全に”死語”扱いなのである

(当然、かっけもそうである)

 

 

わたしは考えた

 

この境はなんだろうかと?

ひらめいた

 

『コンビニ』の誕生を

堺にしているようだ

 

※ちなみにコンビニが生まれたのは

 

セブン-イレブン  1974/5 豊洲(東京)
ファミリーマート  1973/9 狭山(埼玉)
ローソン       1975/6 豊中(大阪府)

 

 

コンビニの誕生により


「おなかがすいたら」

いつでも「食べれる」ようになった

 

また、正月が実質なくなった

 

わたしがこどもの頃は
正月は元旦から三が日はいっせいに
店が閉まっていた

 

いつもにぎやかな商店街は、

シ~ンとなり


子供ごころに”あぁ~、

お正月だ”と、思ったものだが

 

コンビニのおかげで

正月の風情がなくなった

 

それにつれて日本も変わってきた

 

 

昔は、

 

お寿司は、桶で家に

届けられるもので

 

誰かが亡くなった法事の席で

食べるものだった

 

・骨付きの唐揚げは、

クリスマスに食べるものだった

 

・ケーキは、何かのお祝いで

出されるものであった

(ウチが貧乏なのではないのですよ。)

 

 

しかし、今では

 

・お寿司は、毎日食べようと

思えば食べれる

 

・唐揚げなんかは、

下手すりゃ毎日食卓にのぼる

 

・ケーキは、コンビニに行けば

おいしそうなものが
次から次へと並べられる

 

 

⇒ 現在では、毎日が

「法事」「クリスマス」

「イベント」なのだよ

 

 

365日、毎日宴会料理を

食べてるものなんだよ

 

これじゃ~「鳥目」に

なんかなりっこないんです

 

 

注:鳥目

あるビタミン、栄養素の減少により
夜になると目が見えなくなること

 

こどものころ、夜になって町を

ヨタヨタ歩いているオジさんを見たら、

 

親が「あのオジさん鳥目なんだよ」と、

言っていたのを記憶している。

 

でも、今そんな人はいない。
時代が変わりました。

 

 

 
 
 
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!
 

ガスター10を飲んでも改善しなかった胃の痛み

胃腸風邪は整体体操で治る

胃腸風邪をひいて 溜まった「偏り疲労」を 抜く

 

胃腸風邪をひく理由

胃腸炎の原因は肋骨が下がったから

胃腸の不調の改善には、胸郭を上げることが大事です

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^