近ごろの若者より年よりの方が礼儀がない

この記事は2分で読めます

Pocket

先日の帰宅途上の
バスの中での話し。
 
 
鈴木は、バスの中では
決まって読書する。
 
ただ、この頃は、以前より
目が見えなくなっているので、、、
 
バスの車内灯が
座席に近いところに座る。
 
 
そうしないと「読めない」。(涙)
 
以前は、どこの席でも大丈夫
だったんだけどね、、、
 
 
だから、必然的に、
座席がいくぶん高くなっている
最後部に座るのです。
 
 
 
先日も、最後部の左側に座り
リュックから読書用のメガネと本を取り出す。
 
※今日の本は、近ごろはまっている
古書店にまつわる推理小説。
 
三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖3』
 
 
(さぁ~今日は、
どんな物語に出会えるか?)(*^_^*)
 
と、夢心地でいたところ、、、
 
 
「ドスン」と真横で音がした。
 
 
 
ちらっと見た。
 
歳の頃、65歳以降か、、、
若づくりをしている「おじいさん」。
 
 
(なんや、このじいさん、、、
 
※鈴木は、服装が年相応でないと
気分が悪いのです。
 
 
きっとその時の鈴木の顔は
こんなだったと思う。 (--〆)
 
 
 
その2分後、車内に甘ったるい
着信のメロディが鳴り響く。
 
「誰やねん?俺の読書を邪魔するやつは」
 
 
そのおじいさんでした。
 
 
自分の口元を手で
覆いかぶせながら遠慮がちに
 
「すまん。今、バスの中やから、、」と、言うと
 
鈴木は心の底から思っていた。
 
 
 
しかし、意に反して、このおじいさん、
でかい声でしゃべりはじめたのだ。
 
「この野郎、、、」(心の声)
 
 
聞きたくなくても聞こえてしまう会話。
※じいさんは「声」がでかい
 
 
「今、バスの中や。ん~ん、そうか。
今すぐ、和田町の駅に戻るから」と、
 
 
言ってスマホを切るやいなや
 
 
なんの躊躇(ちゅうちょ)もなく
鈴木の鼻づらをかすめるかのように
停車ボタンを押した。
 
 
おいおい、人のつらの前を
通り過ぎる時には
 
 
「すいません」と、一声かける
最低限の礼儀を習わなかったのか?
 
※心の中で猛烈に憤る鈴木
 
 
 
そんな鈴木の思惑とは関係なく
この若作りのおじいさんは
次の停留所で颯爽と降りていった。
 
 
・・・・・・・
 
 
 
 
追伸
こんな「おじいさん」
 
いやいや、こんな「じじい」にだけは
なりたくないと思った。
 
 
また、「声」は小さくしようと
心から思った。
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^