痛風の痛みに似た親指の痛みの処置

この記事は2分で読めます

Pocket

右足の親指が「じんじん」と痛むので、、、

(痛風かな?)と思い

病院へ行って、血液検査をした。

 

その結果、「痛風じゃありません」と言われ
薬を服用しても改善しないという
患者さんがお見えになった。

 

「●●さん、痛風じゃなかったんですか?」

 

「痛風じゃなかったのですが、、、
その後、処方された薬を飲んでも
痛みは解消されないので、、、

こちらに伺ったわけです」と、言う。

 

「そうですか」と、言って


お体を拝見する。

 

右足の親指を診てみる。

引っ張ってみたりするが伸びにくい。

 

(あぁ~きっと、これを言っているのだろう)と、感じ

 

「この指のこの変が、
痛くなるのではないですか?」と、

聞くと、そうだ、と言う。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

親指なので、足首の可動性を診てみる。


動きにくい。

 

次に、くるぶしの下がりを診てみる。


すると、明らかに外くるぶしが下がっている。

(なるほど、この外くるぶしが下がったために
親指に痛みが生じたのであろうと、診断する)

 

とりあえず、この下がった外くるぶしを上げる。

 

これだけでも、痛みを
解消するのには十分なのだが、、、

 

それだけでは、いずれ又、下がるので
次に、なぜ、これが下がったのか?

 

そのおおもとの原因を探っていく。

 

すると、右足の股関節のこわばりが
尋常でないことに気付く。

 

 

と、いう具合に、

痛みが出たのは足指であろうが


痛みをただ取るだけでなく

おおもとの原因を探っていくのが
井本整体のやり方なのです。

 

結局、この方の場合


右腕を使いすぎたために
右の肋骨が下がり、

 

右の腰に負担がかかり
結果、右の股関節に負担がかかり
右の親指が硬直し、痛風みたいな症状を出した。

 

 

 

追伸
自宅でやるなら足首を回し
足湯をして足首を緩める。

 

余裕があれば右の股関節の
体操をすればこの症状は軽くなる。

 

 

 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^