梅雨時の重だるいカラダをスッキリさせる足湯の魔力

この記事は2分で読めます

Pocket

いきなり質問です。


もしかしたら、太ももが

重くてしかたがないですか?


「そういえば、この頃、

脚が重だるく
やる気がでないなぁ~」

 

「そうなんです、

足の裏が伸びない
突っ張る感じがあるわ」

 

「太ももだけでなくのども痛いね」

 


もし、あなたがそういう症状で

お困りであれば今日のブログは

とても役に立ちます。

 

よく読んで、今から教えることを

キチンとやってくださいね。

 

そうすれば、いくぶん

それらの症状が
和らぐこと間違いないです。

 

 

結論から言うと、

 

それらの症状の原因は湿気による
『腎臓』の疲れによるものです。

 


・太ももが重いのも
・脚がだるいのも
・足の裏が伸びないのも
・のどが痛いのも

 


すべて『腎臓』と関係が深いです。

 


なぜなら、気温が

高くなってきている

 

⇒ 汗かきたい

(水分が体内に籠もってる)

 

⇒ 湿気で皮膚がフタを

しているようになって汗腺が開かない

 

⇒ 汗が皮膚から出ないので、

しかたなく腎臓が働いてオシッコ出す

 


という具合に、

今の時期『腎臓』は

フル稼働の状態です。

 


だから、腎臓と関係がとても深い
太もも、脚、足の裏、のどに

症状が出るのです。

 


それらをゆるめるためには、
足を温める足湯がオススメです。


【足湯】のやり方

 

1、洗面器を用意する


2、外側のくるぶしの真ん中がつかる

44度前後のお湯をはる

(やけどしない温度)


3、6~8分つける

 

です。

 

この外側のくるぶしの

真ん中がつかるが秘訣です。

 


※妊婦さん、妊娠している

可能性のある人は
やってはいけません。

 

流産する可能性があります。

 

 


詳しい足湯のやり方を

知りたい方はご連絡ください。

 

 

casals1964@gmail.com

 

 

 

追伸


この足湯を

 

・朝やれば、その日一日

バリバリ働けます

 

・寝る前にやれば、

疲れが吹っ飛びよく眠れます

 


※湯船につかる入浴と併用して

やっても効果がありません。

 

必ず、全身入浴からは

4時間あけて実施して下さい。

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

錦織圭が試合に強くなったのは、コーチにマイケル・チャンを招聘したから

商売繁盛のコツはじわじわ売上が上がっていくこと

色とりどりの長ぐつをは履いて

 

これが”気”というものなのか?

頭を垂れる 本当の意味がわかりました

食べたいものが分からないなら、食べないほうが体にとってはいいのです

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 06.12

    1日 10,353人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^