山口真由さんは努力に対して絶対の信頼感を持っている

この記事は2分で読めます

Pocket

(え~、こんな人もいるんだ、、、)
 
 
と、いうのは
 
『天才とは努力を続けられる人のこと』の
著者である山口真由さん。
 
 
現在は、弁護士らしいが、、、
 
一時は、財務省のキャリア官僚。
 
※主税局に配属されたというから
20代で地域の税務署の所長に
なるポジション
 
 
しかし、そのあまりにももったいない
キャリアを惜しげもなく
2008年には捨て去った。
 
凡人の鈴木には理解しがたい、、、
 
 
そして、気になる今は、というと
 
 
山口真由オフィシャルブログを
見る限り
 
 
タレント+コメンテーター
+ブロガー+作家
 
 
って、ことだろう。
 
 
 
この方が書いた本が、
『天才とは努力を続けられる人のこと』
 
 
この本を信用するかどうか?
 
は、以下の彼女の履歴を見たら最後
徹底的に信用すると思う。
 
 
事実に勝ることはなし。
 
 
それに、「お上」に弱い
日本人であれば、なおのことだね。
 
 
 
その経歴が凄い。
 
 
1983年生まれ、
 
 
・東大法学部3年次に司法試験合格
 
・4年次に国家公務員一種に合格
 
・東大を首席卒業後、財務省に入省
(主税局に配属)
 
 
その後、 
ハーバード・ロー・スクールにも留学
 
 
 
ここで、やっと本題。
 
 
 
この本を読んで「なるほど」と思ったのは
山口真由さんのマインドセットの高さ。
 
言い換えれば「志」の高さ。
 
 
※方法論は、「そんなもんかな」と思う。
言っていることは、それは素晴らしいよ。
 
 
それは、このようなことに
感動している姿からも一目瞭然だ。
 
 
それは、
 
 
<「努力は必ず報われる。
 
もし報われない努力が
あるのならば、
 
それはまだ努力と呼べない
 
この王貞治さんの名言に、
私はとても共感します>
 
 
→そういえば国民栄誉賞に内定が
決定した将棋の羽生善治さんも
こんなことを言っていた。
 
 
将棋が強くなりたければ
将棋を勉強しろ。と。
 
 
「飲む」「打つ」「買う」は
芸の肥しとよく言うが
 
これは真実ではないだろう
と、思うなぁ~。
 
 
「飲む」「打つ」「買う」をしながら
芸、落語、漫才の筋肉を鍛えたんだと思う。
 
 
ただ、努力をしました、と、
言うのが「カッコ悪い」から
言わないだけだと思う。
 
 
次は、これ
 
 
<シドニーオリンピック直前、
負傷していた谷亮子さんに対して、
 
レポーターが
 
「ケガで練習できていないそうだが、
不安はありますか?」
 
と、聞いた。
 
谷選手はこう答えた。
7歳のときから毎日練習してますから
 
 
インタビューを観ていた私は、
思わず鳥肌が立った。
 
 
7歳のときから、
長い長い間積み重ねてきた
辛い練習に比して、
 
1ヶ月程度のブランクなど
おそるるに足らず、
 
と言ってのけたのだ。
 
 
この自分の努力量に対する
自負は凄まじいとしか言えない。
 
 
谷選手は、日々、
 
「明日はオリンピック」と
いうレベルで、
 
濃密な練習を積んできたと
いうのが、インタビューから
伝わってきた。>
 
 
 
→以前、アジア選手権代表の
重量挙げの選手と1週間合宿で
一緒だったことがある。
 
 
入浴後の「お酒」もほどほど。
翌朝は、早くに起きてストレッチ
ランニングしていた。
 
鈴木には、この感覚がわからなかったので
「なぜ、走るの?」って聞いたら
「気持ち悪いから」とか言っていた。
 
 
(人間が違うなぁ~)と、正直思った。
 
 
 
 
 
追伸
飽きっぽい鈴木だが
井本整体だけは続いている。
 
※あと2月でまる21年だね。
 
 
理由を考えてみると
 
・どんどん好きになってきた
・ライフワークのつもりで焦らなかった
・収入に直結するから
 
 
あと、カッコつけると
 
・人さまから喜ばれやりがいがあること
 
 
かな、、、
 
 
ここらへんのところは
もしかして「大事」かもね。。。
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^