幼児体型こそが理想の姿勢

この記事は3分で読めます

Pocket

道場の近くに保育園がある。

 

天気が良い日は、午前9時を過ぎると
園児らが次々と保育士に連れられ散歩に出る

 

彼らが、通りかかると

道場の外も活気づいてくるから
彼らの散歩だとすぐにわかる

 

(子どもの持つパワーを貰いたいのか、

時折、腰を曲げた元気がなさそうな老人たちが

子どもたちを、目を細めて見ている)

 

 

わたしは、ガラス越しに彼らを見る

 

1歳児は、カートに4人位が載せられている
保育士の1人が押している。

 

他の保育士たちは、カートに乗りきれない子たちを
おんぶしたり、抱っこしている

 

 

今の時期は、カゼが流行っているのか、

鼻水を垂らしている子が2,3人はいる

 

 

日本人以外の子もいるようだ

 

 

また、別の1団

2~3歳児だろうか、年上の子たちと

ペアになって歩いている

(かぶっている帽子の色が違うのですぐにわかる)

 

 

他にも、小学校に上がるまでの子たちもいる

 

今日、ブログで取り上げるのは

この2~3才児たちである

 

彼らは、歩き始めたばかりで

まだ経験が少ない(当たり前か)

 

 

だから、よちよちと歩くのだが

 

その様は、整体をやる者にとっては
非常に勉強になる

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

結論から言うと、

 

からだの使い方」が

とても理にかなっているのだ

というか、かなり理想的な立ち方

しているのだ。

(無意識のうちに)

 

彼らを見ると、

頭が異様に大きく見える。

からだのうちの四分の一くらいは、

占めているように見える

 

 

頭は、けっこう重いはずだから

 

 

あの重い頭を支えるために、からだは

 

・胸が上を向き、肩の力が抜け
・肩甲骨が内に寄り
・腰が反ってくる

 

・その結果、おなかの下の方が出っ張っている
・おしりがプリンと盛り上がり
・脚の線がす~っときれいに伸びる

 

 

などして、なんとか支えている

 

 

彼らたちには、わたしらのように筋肉が無いから
体じゅうの筋肉を総動員して立たずに
からだの微妙なバランスで立ち、頭を支える

 

これらのからだ上の特徴は、
俗に『幼児体型』といわれるものである

 

が、実はこの体型こそが
病気知らず、異常知らずのからだの形なのです

 

 

だから、彼ら(園児)は

 

・病気せず、してもすぐ治る
・からだがいいからいつでもいい気分
・いつも元気

 

 

反対に、

 

この体型の真逆の人たちは、

いつも訴えていますね

 

・●●が、痛い、だるい
・慢性病
・肩こり常習

 

だったら、

今からだ(=こころ)の異常でお悩みのあなた

 

園児たちを見習って”幼児体型”に

なってみてはいかがですか?

 

 

 

追伸

なぜ、幼児体型がいいかの説明は

いずれ少しづつ出すとして・・・

 

 

理屈はともかく、

 

幼児体型の彼らが、健康で、元気で、
というのは「事実」ですよね

 

 

また、反対に、からだの、こころの

具合の悪そうな人の体型が

幼児体型とは、まるで反対なのも

「事実」ですよね

 

 

だったら、健康の良し悪し、

こころの安定を作っているのは

姿勢」にあることは、はっきりしているわけです

 

それなら、その「姿勢」をよくしようじゃないか?

そのために、整体体操があるのです

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

考えがまとまらない時には肘を温める

化膿を止める場所

足首のねんざを治すならリミット3日

 

 

足首がねんざする本当の理由は●●が開 くため

高齢者の熱中症対策には、沖縄の人(う ちなんちゅー)の生活を真似すると良い

花粉症の症状には肋骨をゆるめ肘を温 める

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^