-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

02.08 土がこうしてくれって言ってるのに応えられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日のタイトルは、

鈴木が何度見たかわからない
『男はつらいよ』での

セリフの一コマから取った。


これだけでは、なんのことか
わからないので、、、

簡単にその背景をお話ししますね。


寅さんが、京都の鴨川を
歩いていた。

 

バイの帰りかもしれない。
そうじゃないかもしれない。

 

ちなみに、バイとは、
寅さんの正業、的屋での隠語。

「商売」のこと。

 


そこへ、高価そうな着物を着た
先代・片岡仁左衛門が通りかかる。

 

 

仁左衛門「ちっ、鼻緒が切れやがった」

寅さん「じいさん、どうした」

 

仁左衛門「鼻緒が切れたんよ、、、」

※京都弁は、たぶん
そうは言わないと思うが、ご勘弁


寅さん「じいさん、そりゃ~大変だ」と
言いながら仁左衛門の鼻緒を直してやる。

※寅さんは、やさしいのです。


寅さん「こんな時、妙齢の瑯(ろう)たけた
女性が、かわいいお口で、
きゅっとさらしを裂いたら、、、

 

色っぽいんだが
今日のところは勘弁してくれよ」

 

仁左衛門

「(不思議そうに寅さんを見ている)」

 

寅さん「じいさんが若い時は、
鴨川は今よりよかったか?」

 

仁左衛門「そうだなぁ~」

寅さん「じゃ~な」

 

 

すっかり寅さんの男っぷりに
興味をそそられた仁左衛門は

寅さんを京都の祇園あたりの

料亭へと連れて行く。

 

 

そう、このじいさん、
京都では知らない者がいない
人間国宝の焼物師だったのだ、という設定。


その料亭で仁左衛門が
寅やんに発するセリフが今日のタイトル。

ここまで来るのに長かったねぇ~。

 


仁左衛門(人間国宝)
「寅やん、土がこうしてくれって
言ってるのにそれに応えられないんだよ。

 

本当の自分を出してくれ
出してくれって、、、

 

 

と、言って涙ぐむのだ。

※寅さんは、寝ているのだけど

 

 

 


追伸
整体でもいっしょだと思った。

 

患者さんの要求(痛みの解消)がある。


その痛みの解消に、

100%応えられない
鈴木の未熟な技がある。

 

患者さんが、というより
患者さんの命の叫び(おおげさ?)

それに、応えたいのだが、、、

 

修行は一生続くのだ。

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択