「三度目の殺人」被害者の妻:斉藤由貴は薄気味悪い

この記事は2分で読めます

Pocket

映画「三度目の殺人」の冒頭のシーンは
ドローンから撮影したものだろか、、、

 

(見たことあるなぁ~)と、思っていたら。

 

見慣れた景色

 

山下公園上空から→大さん橋
→新港埠頭→ランドマークタワー
→県警本部ビル→横浜税関

 

と、横浜の名所が映し出されていた。

 

また、他のロケ地も

 

犯人?役の、役所広司が被害者を
惨殺して燃やすのは多摩川(東京都側)の川べり。

 

被害者の、娘が通う学校は
神奈川県立氷取沢(ひとりさわ)高校正門。

 

主人公の弁護士である:福山雅治が
証拠集めに行った北海道留萌(るもい)駅周辺も

高倉健主演『駅』ロケ地巡りで行ったことがあるのです。


だから、鈴木にはなじみの

深いところばかりだったのです。

 

そのためか、この映画は鈴木にとって
妙にリアルっぽく、自分も実際に
映画に参加しているように感じた。

 

ちなみに、この映画のあらすじは
以下のとおり。
※109シネマズ参照

 

ココから

 

それはありふれた裁判のはずだった。

 

殺人の前科がある三隅(役所広司)が、
解雇された工場の社長を殺し、
火をつけた容疑で起訴された。

 

犯行も自供し死刑はほぼ確実。

 

しかし、弁護を担当することになった重盛(福山雅治)は、
なんとか無期懲役に持ち込むため調査を始める。

 

何かがおかしい。

 

調査を進めるにつれ、重盛の中で
違和感が生まれていく。

 

なぜ殺したのか?

 

本当に彼が殺したのか?

 

得体の知れない三隅の闇に
呑み込まれていく重盛。

 

弁護に必ずしも真実は必要ない。

そう信じていた弁護士が、
初めて心の底から知りたいと願う。

 

その先に待ち受ける慟哭の真実とは?

 

被害者の妻:斉藤由貴
被害者の娘:広瀬すず

 


ココまで

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この映画を診て感じたことは、、、

 

被害者の妻:斉藤由貴が、なんとも怪しげだった。

娘の髪の毛をいじりながら


「余計なことは言わないで」と
釘を刺すシーンはプライベート(不倫問題)と
絡み薄気味が悪かった。

 

 

拘置所の面会室でアクリルガラス越しに
話し合う重盛(福山雅治)と三隅(役所広司)の迫力。

 

こんな時は、気の狂った役を演じる方が
シーンを食ってしまうものだが、、、

 

三隅(役所広司)の「気持ち悪さ」には
吐き気を覚えたほどだった。

 

重盛(福山雅治)も、最後には

「なぁ~ホントのことを教えてくれよ」と
叫ぶほどだったからね、、、

 

 

 

映画の中で、三隅(役所広司)が殺人を犯したのは
2度だったはずなのに、、、

 

タイトルは「三度目の殺人」。

 

(なにか、謎かけがあると思うのだが
わからない、、、)

 

 

 

 

追伸
特に、三隅(役所広司)は
同じ時期『関ケ原』で徳川家康役を
やっているのです。

 

狂気の殺人者と徳川家康

 

を、演じ分けるのだから、、、(トホホ)

 

ロケの時期は違うと思うけど、、、

 

役者は、普通の精神状態の人が
できる仕事じゃないと正直思いました。

 

尊敬します。

 

 

※『関ケ原』も視聴済みです。
 

 

 

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^