-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

11.10 勉強しているのに成績が伸びないのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ママ「うちの子は、同級生の

A君やB君よりうんとたくさん

勉強しているのに成績が悪いのです、、、?」


(なぜかしら?)

 

(塾を変えようか、それとも

公文の方がいいかも)


(栄養が足りないのかしら、、、)


(先生の教え方が悪いのでは、、、)


と、はじめは頭の悪いのを
人のせいにしがちだが


じきに、冷静になってくると


(主人も私も頭がいい方じゃ

なかったから
うちの子も、仕方ないかも。


当たり前といえば、当たり前かな、、、)

などと落ち着く。


サラブレッドはサラブレッド

からでしか生まれないのは

わかっているけど、、、


まぁ~、考えないかもしれないが(苦笑)

あなたのお子さんの成績不良は、、、


そういった面ではなく
違った側面が問題かもしれませんよ。

 

ママ「鈴木さん、

どういうことですか?」 

 

鈴木「あなたのお子さんは

器質的に頭が悪いんではなく

 

何かしら授業に集中できない

理由があるとしたら、、、

どう、お思いですか?」


ママ「えっ、そんなことって

あるんですか?」

 

鈴木「ありますとも」


ママ「そんな方法があるのなら

ぜひ、教えていただきたいわ」

 

鈴木「はい、お教えします。
つまり、学校での座る席の位置
問題があるのでは?」


ママ「ますます、わからないわ???」

 

 

 

例を出しますね!

 

あなたは、映画館に行ったら
どのあたりにいつも座りますか?

だいたい座るとところは
決まっていませんか?

 

ママ「そういえば、

だいたいいつもいっしょね」

 

鈴木「そうですよね。じゃ~なぜ、
そこに座るのですか?」

 

「何となく落ち着くから」


そうなんです。

 

 

以前にも書きましたが

鈴木は飛行機に乗る時は

 

必ず左側Aの席に座ります。

 

なぜなら、首の筋肉が緩むからです。

 

ここが緊張すると、この下を通っている
頸動脈が圧迫されて頭に血が
供給されずに脳が酸素不足になるのです。


そんなことがあなたの

大事なお子様に起こっているとしたら、、、

 


実験してみましょう。

今晩、お子さんがリビングで
テレビを見てリラックスしている時に
どこに座っているかを確認してくださいね。

 

楽だからそこに座ってるはずです。


その位置取りと同じ箇所に
学校での座席を変更します。

 

頸が緊張せず、脳に酸素十分な
新鮮な血液が脳に供給されるはず。

 

すると、集中力がアップして
成績がアップすること間違いないです。

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択