-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

10.05 病気が治る直前に、一番きつい発作が来ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「重い病が治りかけるとき、その直前に、


健康が回復しようとするその瞬間に、

もっとも激しい発作が起こるものです」


『ジョン王』シェイクスピア



この箴言は、枢機卿であるパンダルフが

宿敵イギリス王:ジョンに敗れた
フランス王:フィリップに言った言葉。


この劇中のセリフを読んだとき、


(ホントにこの通りなんだよな)



[ad#co-1]
 


そうなんです、


何年も悩まされ続けてきた病気が
治る直前に、決まって一番激しい発作が
起こるのです。



今から話すことは鈴木自身のことです。


鈴木は、小児喘息でした。
小学生のころはひどかったそうですが、、、

中学、高校、大学にすすむにつれ
喘息の発作が出なくなりました。

ただ、風邪を引くと、喘息みたいに
なっていました。

そのたびにお医者さんへ行って
気管支拡張剤を飲んでいました。


33歳の時に、井本整体に入門しました。
入門してからも、発作は出ていました。


それが、入門して2年か、3年した時の
ことでしょうか、、、


激しい発作がみなとみらいの
ランドマークタワーを
歩いている時に出ました。

15:30くらいだったことを
覚えています。


(苦しいなぁ~)と
タカをくくっていたのですが、、、

良くなってくる感じがなく

(いつもと感じが違う)と思っていました。


それで、仕方なく桜木町の駅前にある
横浜市の救急センターに行こうと思いました。

みなとみらいからそこまでは
ゆっくり歩いても5分とかからないのですが、、、


一歩も歩けないのです((+_+))
苦しくて、、、

(こんなのは初めてだ(*_*;)



近くにいる人に
タクシーを呼んでもらいました。

「どこまでです?」

「桜木町の救急センターまで(ぜぇぜぇ)」

「・・・・・・」

苦しいのがわかったのでしょうね。
タクシーの運転手さんは
何も言わずに乗せてくれました。(感謝)


そして、救急センターへ。


そしたら、

「ここは、まだやっていません」と、、、

確かに、救急センターなのだから
15:30は開いていませんね。

「そんなこと言わないで。
苦しいんだから」

これは言った気がします。


※ここから記憶が定かではないのです。

「苦しいから」と言って無理やり診てもらった

「近くの病院へ泣く泣く転院した」



まぁ~それから点滴を2本打って
発作が止まりました。

通常なら1本で止まるのですが、、、
この時は2本でした。


しかし、


それ以後は、一切、発作は出ていないのです。
あれから17,18年ですよ。


なぜかはよくわかりません。
整体で腰が強くなったから。
それもあるでしょうけど。

はっきりとはわかりません。




そんな経験があるから、、、


患者さんにも

「治る直前に、一番きついのが来ます」
「それを乗り越えたら治ります」
「きついのが来たら喜んでください」


と、言っています。



ホントに、人間のからだというか
命は不思議です。

とっとと治ればいいのにと
思ったりもしますが

からだ(生命)には我々が到底
およびもしない理由があるのでしょうね。。。





追伸
この劇ができたのは
今からおよそ400年前の事。(1600年)

からだ(生命)は昔から変わって
いないということがわかりました。


いくら医学が進んでもそこらへんの
理(ことわり)は変わらないようですね。






【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択