濃霧でも着陸したのでびっくりしました

この記事は2分で読めます

Pocket

「間もなく着陸します」と
チーフCAのアナウンスが機内に入った。

 

(こんなんで、着陸できるの?)

と、いうのも

 

羽田を6時30分に離陸してから

私が搭乗しているJAL501

(737-800)からは

外の景色が全く見えなかったのだ。

 

離陸して急上昇してわずか5分後には
厚く垂れこめる雲のおかげで
眼下の景色は見えず、

見えるのは雲の上ばかり

 

24Aの窓際(進行方向の左側)に
座っていた私からは、

 

飛行機の主翼のウイングレットから
先は見ることができなかったから

 

視界は20メートルも

無かったと思う。

 

 

※ウイングレット
飛行機の主翼の先に、

取り付けられる小さな翼のこと。

燃料削減のため折れ曲げる、

という説もある。

 

しかし、その25秒後、

厚い雲を抜けたと思ったら

新千歳空港の滑走路が見えた。

そして、無事着陸。

(おかしいなぁ~)

 

なぜ、無事に着陸できたのに、

そう思うのかって?

 

 

それは、10年前に同じような

シチュエーションで
新千歳空港に降りることができず

 

新千歳空港の代替空港である

函館、帯広にも降りることができず

 

新千歳空港の上空で旋回して

時間稼ぎをしても降りることができず

 

羽田まで引き返したことが

あるからなのです。

 

仕方なく羽田へ引き返した後

2時間ぐらい待って、

再び新千歳空港へと向かったのでした。

 

それで、この旅行が終わってから
霧が発生した理由をググりました。

 

太平洋の海水と北海道の大地の

温度差によるものらしい。

 

この時期、初夏は多いらしいです。

 

 

でも、いまだに不思議なことが、、、

 

 

あの10年前の引き返したより

今回の方がはるかに

霧が濃かったように思うのです。

 

 

これも、知らぬ間に科学が発達して
霧で視界が無くても

無事に着陸できるようなものが
開発されたのでしょうね。きっと。。。

 

 

誰か、詳しい方がいたら教えて下さいね?

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^