キリル総主教に懺悔の手紙を出していたカラシニコフさんの心情

この記事は2分で読めます

Pocket

カラシニコフと聞いて

「あぁ~あのライフルの

開発者のことか?」

 

と、脳裏に思い出す人は
きっと劇画『ゴルゴ13』の

愛読者であろう。

 

鈴木も、一時は

全巻コレクションして

熱心に読んでいた。

 

これを読んでいると

世界情勢がわかった気になるからだ。

確か、劇画の中で

カラシニコフじいさんが
ゴルゴ13に出会ったシーンがあった。

 

懐かしい♪

ここで、「カラシニコフ?」

それって誰?と言う人も
いるかと思うので、、、

 

ちょっと説明する。

 

カラシニコフさんはロシア人。

そして、アサルトライフルとして
超有名なAK-47の開発者。

 

 

この銃の凄いところは

 

・威力が高い
・耐久性が高い
・コストが安い

まるで、スーパーカブのよう。

 

・頑丈
・壊れず
・燃費良し

そのため、世界で最も広く使われた
銃としてギネスにも認定されている。

 

特に、アメリカ、ヨーロッパといった
お金持ちの国々ではなく

 

・旧ソ連
・東欧
・中南米
・アフリカ
・ゲリラ(IS)

などが愛用している銃としても有名。

「貧者の武器」とも。

 

 

しかし、

この銃で、けがを負ったり
生命を失った人は数知れず。

 

現在もなお増加中。

 

特に、中東で、、、

残念なことだが。

 

 

 

そのカラシニコフさんが生前
懺悔の書簡をモスクワ総主教
および全ロシア総主教のキリル1世に
送っていたのだ。

「開発したAK-47によって
殺された人々に対する責任に関して、
感情的なストレスと戦慄を感じている」

 

そして、現在

 

・93歳(この世を去ったのは94歳)
・小作農の息子
・ロシア正教信者

 

※しかし、最終階級は「技術中将」

 

 

の「私」の犯した罪(銃を開発した)は
どうなるのか?と問うたのだ。

 

 

「彼」は、愛する祖国を守るために
この銃を開発した。

 

決して、中東のテロリストたちのために
作ったのではないのだ。

 

そして、

 

「確かに、この国にある教会や
修道院の数は増えている」

 

「しかし、悪は根絶されない」

 

「人々の心のなかで、善と悪は
お互いに妥協しあっている」

 

「人間は、この両極の中でもみじめに
生きなければならないのか?」

 

 

と、問いかけたのだ。

 

鈴木には、答えられない、、、

 

 

 

参照:20140122 『イズベスチヤ紙』

 

※イズベスチヤ紙

ソビエト連邦およびロシア連邦の日刊紙
ロシア語で「報道」を意味する。

 

 

追伸
池波正太郎も「鬼平犯科帳」の中で
長谷川平蔵に言わせている。

 

「人間と言うやつは、
善の裏で悪をやり、

悪事を働きながら
いいことをする、

 

まことにおかしな生き物よ」と。

 

 

 

考えさせられました”(-“”-)”

 

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^