むち打ち症の話(上)

この記事は2分で読めます

Pocket

あれはトヨタのクレスタという車を

手に入れたころの話しだから
 
 
今から、15年ほど前になる。
 
私は、当時保険の代理店だったから
(密かに整体も勉強していたが、、、)
 
 
あの日も、保険の契約の
更新のために顧客に会うために
車を走らせていたんだと思う。
 
 
車は、買ったばかりのクレスタで
塗装が白とクリーム色の
2色だった。
 
 
当然、中古。
25万円くらいだった気がする。
 
 
私自身は未だかって新車を
買ったことはなく
 
このクレスタで5台目。
 
初めて買ったのが22歳で、
 
 
ホンダ・シティ
  
⇒ホンダ・アコード
  
⇒ブルーバード(ディーゼル)
 
⇒カローラⅡ
 
 
車は、みてくれはどうでもよく
動けばいいという考えだったので
 
 
車の選び方に何のポリシーもない。
会社も別だしね。
 
 
ただ、知り合いに予算を言って
車検までどれぐらいあるか、燃費は
 
この3点のみで決めてきた。
 
 
 
だから、
このクレスタは自分にとっては
ちょっと冒険したのかな、、、
 
値段と燃費の点では
 
 
初めてこのクレスタに乗った時
 
(サスが柔らかくて、
乗り心地がいいなぁ~と)
 
 
また、
 
・車内が静かだ
・やっぱり2,000ccの車の
発進は滑らかだ
 
 
つまり、”高級車は違うなぁ~”と
思っていたわけだ
 
 
そして、毎日ウキウキして車を
運転していたんだと思う。
 
 
 
それから1月半ほど経ってから
 
 
ある日のこと、
鎌倉街道を経て金沢文庫に抜けようと
笹下釜利谷道路を走っていた。
 
 
この道路は当時片道1車線。
天気は晴れ。
 
 
道は渋滞中。
 
 
時間は14時頃だった気がする。
 
 
走っては止まりを繰り返していた私は、
なにげなく車内のバックミラーを見た。
 
 
すると、知らないうちに
2トンぐらいのトラックがすぐ後ろを
走っていた。車間距離が狭いように感じた。
 
 
(近いなぁ~、運転手があっちみたり
下を向いたりで落ち着かないぞ、、、)
 
 
・・・数分が経ち・・・
 
 
 
(なんか、嫌な感じだ。
ちょっと気をつけておこう)
 
 
と、思った時
 
 
 
いきなり後ろのダンプが突っ込んできた。

 

ガシャン、、、

 
 
ドンと
 
 
 
(やりやがった)
 
 
 
でも、この時私はすでに整体を
勉強していたから
 
ムチ打ちを回避するすべを知っていた
 
 
それは、
”ぶつかる直前、おなかに力を入れる”
 
 
ということなのだ。
 
 
すると、ぶつかった衝撃が
体にとって少なくてすむのだ。
 
 
また、ムチ打ちには
 
”本物”と”偽物”がある。
 
※この話を初めて井本先生から聞いた時は
正直ビックリした。
 
 
 
ここまで書いてちょっと長くなったので
続きは次回に話します。
 
お楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

逆流性食道炎が良くなる薬を飲んでも良くならない本当の理由

ガスター10を飲んでも改善しなかった胃の痛み

胃腸風邪は整体体操で治る

 

胃腸風邪をひいて 溜まった「偏り疲労」を 抜く

胃腸風邪をひく理由

胃腸炎の原因は肋骨が下がったから

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^