やりづらい体操があなたがすべき体操

この記事は2分で読めます

Pocket

今日の話しは、鈴木自身の経験から
「なるほどなぁ~」と思った話しです。
 
 
鈴木は、疲れてくると
 
・左臀部の痛み
・左の肩こり、ひどい時は左の頭痛
 
 
になるのです。
 
 
この痛みが発祥するメカニズムは、
いちおう整体のプロを名乗っているので、、、
 
原因は、自分なりに理解している。
 
 
そして、その箇所を緩める
井本整体直伝の人体力学体操をする。
 
しかし、「効果」が思った以上に出ない。
 
 
(やり方がまずいのか?)
 
 
と、思って、
何度もやり直すが、、、
 
結果は今ひとつである。
 
 
 
 
そんな時、井本先生が、
ご自身の経験を話された時があった。
 
 
先生曰く、
 
「ここのところ、ある場所がず~っと痛かった。
何をしても改善しないんだ。
 
 
それで、門下生に体を診てもらったところ
●●が強ばっていますから、、、
 
 
それが原因ではないですかと。
 
それで、そこを緩める体操をしたら
良くなったんだよ。
 
 
結局、やりづらい体操が一番、効いたね」と。
 
 
 
 
この話しを聞いた瞬間
頭に閃くものがあった。
 
 
(そういえば、
 
左臀部の痛みの時も左側の偏頭痛も、
そこと密接に関連する箇所を
緩める体操をしていたなぁ~)
 
 
そこで、発想を変えて、
 
鈴木が、最も「やりづらい」体操である
「こうもり様体操」だけを、してみた。
 
 
すると、、、
 
 
 
どういうわけか翌日、
左臀部も、左の偏頭痛も違和感を感じないのです。
 
 
 
つまり、鈴木の左臀部も、左の偏頭痛も
太ももの裏にある大腿二頭筋の縮みが
おおもとの原因だったのです。
 
 
実体験からくるので妙に納得した。
 
 
後は、大腿二頭筋の縮みと
左臀部、左の偏頭痛との
メカニズムというか関連性を見つける。
 
やっぱり繋がっていました。(納得)
 
 
 
このように、あなたの「痛み」の
おおもとの原因は、とんでもないところに
あることも多いのです。
 
 
 
だから、あなたが長年悩んでいる
「痛み」の真の原因も
 
あなたが思うことすらないところに
あるのかもしれないのです。
 
 
 
 
 
追伸
5/3(木)~5/5(土)は
井本整体恒例のGWセミナー出席のため
ブログを休ませていただきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^