『空気のトリセツ』を読んで 「タイトル」の秀逸さ

この記事は3分で読めます

Pocket

著者:指南役  
 
 
 
※著者である指南役さんとは、
エンターテインメント企画集団だそうだ。
 
つまり、世の中を通暁して
「おもしろいネタ」の追及に
日夜、営んでいる人たち。
 
まぁ~「その道」のプロということ
 
 
ちなみに、指南役さん
 
・「朝ドラ」一人勝ちの法則 
・「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる
 
 
・幻の1940年計画―太平洋戦争の前夜、
“奇跡の都市”が誕生した
 
・一流の仕事人たちが大切に
している11のスタンダード2
 
 
・キミがこの本を買ったワケ
 
 
など、著作は多数ある。
 
 
※いずれにしても「タイトル」の秀逸さは
素人のレベルではないのが、わかると思う。
 
 
 
 
<嫌いな上司がいる部署のほうが団結が強い。
人間は共通の敵の前で最も結束する>
 
→ん~ん、国際政治で言うと
「仮想敵国」を作れということだね。
 
 
ナチスドイツのヒトラーは
ユダヤ人を「仮想敵国」にした。
 
第一次世界大戦の敗北で
経済がガタガタになったドイツを
 
そういった詭弁で国をまとめ
独裁権力を握った。
 
 
国がまとまると、その後は、
ソ連、イギリスを敵にまわし
 
その結果、アメリカの参戦を許し
あぁ~いう結果になった。
 
 
日本も、その同じ轍を踏んだ。
 
ただ、ドイツよりも愚かだったのは
「仮想敵国」を軍部の不統一により
 
つまり、陸軍、海軍のメンツのために
日本の東西南北の国を「仮想敵国」にした。
 
ABCD包囲網という。
※アメリカ、英国、中華民国、オランダ
 
 
 
話しが大きくなりました。
 
 
ちょっと話しを戻して、、、
 
ここで、嫌いな上司の定義とは、、、
 
鈴木なりの答えは、簡単。
 
「自分と似ている人」なのです。
 
 
あなたが、「この人」苦手だなぁ~と思う人を
今、思いだしてほしいのです。
 
 
きっと、あなた自身が密かに
「イヤだなぁ~」と、思っていることを
している人なのです。
 
 
 
 
 
<芸能界で中山秀征が生き残っている理由。
 
彼は業界内で評判がいい。
 
プロデューサーや放送作家と
いった裏方さんをはじめ、
 
同業種のタレントさんたちから信頼が厚い。
楽屋での先輩に対する挨拶は欠かさない。
 
仲間の集まりには駆けつける。
 
舞台の初日には必ず花を贈り、
誕生日のプレゼントも欠かさない。
 
後輩との飲み会ではお金を置いて途中で帰る。
 
そう、まさに気配りの男だ。>
 
→鈴木が、彼のような生き方をしたら
1日で胃に穴があきそうですが、、、
 
それだけ、芸能界は、
競争が激しいのでしょうね。
 
ビートたけしにも、同じような
エピソードがありますが、、、
 
 
 
 
 
<街が活性化するために必要なのは、
整然とした道路でもなければ
美しい外観のビルでもない。
 
雑居ビルだ。
 
六本木も恵比寿も渋谷も下北沢も、
 
街が面白いのは雑居ビルがあるからだ。>
 
→これは、大いに納得。
 
六本木も恵比寿も渋谷も下北沢も
共通項は、街中に「坂」がある。
 
反対に、札幌、帯広は
だだぴっろい平野があるだけ。
 
「坂」があるところには
平野が少ない。
 
だから、その少ない平野を
活かすためにビルが建つ。
 
しかし、そのビルは狭小だ。
 
当然、一部上場の企業にとっては、
手狭なので使いがってが悪いので手を出さない。
 
だから、必然的に
雑居ビルになるのですね。
 
 
 
<いないと寂しい営業マン。
 
あなたの会社に、断られても
日参する保険営業マンはいないだろうか。
 
皆つれない反応を見せても、
一向に日参をやめない。
 
彼が風邪をひいて、少し休むと、
気になってしまう。
 
知らぬ間に、憎めない奴と思っていた。
 
本当に保険を欲したある日、
真っ先に声をかけられたのは、
その営業マンだった。
 
日参は、決して無駄足にはならない>
 
→その日参する人が、
うらさぶれた50代の男よりも
 
20代で、女性で、うぶで、
少し太り気味のぽっちゃりだったらなおよい。
 
 
なるほど、生命保険会社の戦略は
確かに正しい。
 
鈴木が、生保にいた時
確かに、そんな女性を会社は欲していた。
 
 
 
 
 
追伸
全然、関係ないけど
鈴木は、「路地」が好きなのです。
 
都内を散策していて
「路地」を発見すると、
つい足が向いてしまいます。
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^