サザンオールスターズの桑田佳祐も何とかひねり出して今がある

この記事は2分で読めます

Pocket

「鈴木さん、思わせぶりなタイトルですね、、、」

 

「はい、ブログのタイトルは
読んでもらうために
最重要なところですから。

ちょっと、あれって思うのをつけてみました」

「鈴木さんが、そういった興味をそそる
タイトルをつけるのは勝手ですが、、、

最後まで読んでみて×だったら
あなたの読者が減りますよ」

 

「わかってます。ちゃんと後でどういう意味か、
おいおいわかってきますので

ご心配なく先を読み進めて下さいね」

 

さぁ~続けますよ。

さて、今から40年ほど前のこと。
(はっきりしないが、まぁ~そのへんだと思う。)

 

 

【スポンサードリンク】

 

TBSで『ザ・ベストテン』という
歌番組がありました。

※この番組は非常に視聴率が
高かったことで有名です。

 

次の日、学校に行くとこの番組の
話題で持ちきりでしたからね。

 

鈴木の身の回りではほとんどの人が
見ていたのではないかなと。

 

 

それで確か、司会が、
黒柳徹子さんと久米宏さんでした。

ある時、その番組にデビューしたばかりの
サザンオールスターズが初出演したんですね。

彼らのデビュー曲は、『勝手にシンドバッド』

 

その曲のタイトルの命名の斬新さと
ボーカルである桑田佳祐さんの日本語と英語が
微妙に混じりあった歌い方に

今までの日本の歌謡曲とは
違ったものを感じたリスナーが

「このバンド、おもろい」

そして、一気に人気が
出始めたころです。

司会である、黒柳徹子さんが
リーダーの桑田佳祐さんに
ダイレクトな質問を投げかけます。

 

「桑田君、どう!?あなたの曲の評判がいいけど」

 

「あぁ~。そうですね」

 

「次回の作品は、、、できてる?みんなも期待してるけど」

 

「黒柳さん。正直言って、
 もういっぱいいっぱいなんです」(涙)

 

「えっ、、、」

 

「もう、無理かもしれないぐらい、、、
 才能がないんです。」

 

※その声は冗談で言っている感じではなく
 ホントに心の底から訴えている様子でした

「頑張って。期待しているからね。
 私も、ファンも。」

 

「・・・・・・」

 

 

 

まだ、デビュー曲を出したばかりなのに、、、
次の作品の着想を得られない桑田佳祐。

期待に応えたい。

ここで頑張ればスターになれる

 

 

でも、、、。

書けないものは書けない。

浮かばないものは浮かばない。

でも、、、。

 

苦しい。

苦しい。

苦しい。

 

しかし、

 

彼、桑田佳祐は、次のものを
なんとかしてひねり出してきた。

 

なんとか、ひねり出したのです。

これですね、大事なのは。

 

 

そして、その後、名曲『いとしのエリー』を発表。

 

サザンオールスターズは、見事、
日本の歌謡曲のスターダムにのし上がった。のです。

 

 

 

追伸
その後のサザンオールスターズの
活躍ぶりをあなたはご存知ですよね?

 

 

鈴木も、今、苦しいんです。

たった1,000文字前後のブログを
毎日書くのがとても苦しい。辛い。

 

整体指導者なのに整体のことを
あまり書かないブロガー(涙)

 

と、いうかよく知っている分野だけに
書くのに差し支えがでてくるから
書けなくなるのです。

言いわけ、でした。( ;∀;)

 

 

 

「鈴木さん、思い違いもはなはだしいですよ。
桑田さんとはレベルが違いますよ」

 

「わかってますよ。そんなこと。

でもね、苦しいのはいっしょなのです。」

 

今日も、何とかひねり出しました。

 

 

 

『サザンオールスターズの桑田佳祐も
何とかひねり出して今がある』

 

でした。

 

 

 

 

 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^