思い出す力 > 覚える力 = 頭がいい人

この記事は2分で読めます

Pocket

このところ、『読者大賞ノミネート作品』を
続けざまにず~っと読んでいる。

 

鈴木は、基本的に小説の本は
買わない主義なので
もっぱら図書館から借りて読んでいる。

 

買わないその理由は、

 

・家が狭いので保管場所がない
・次代に継ぐべく子どもがいない


・2度読んでみたい本が無い

・蔵書と称して読んだことのない本を飾る
格好ばかりの本棚はいらない

 

・読んだ本はすべて潜在意識に入っているから

 

 

と、いうもの。

 

実は、5年前にブックオフに
訪問買い取りを
してもらったことがある。

 

その時に、1巻から持っていた

 

『こち亀』
『ゴルゴ13』
『人間交差点』

 

の漫画は、すべて売り払った。

 

同時に、小説も9割ぐらい売り払った。

 

業者から提示された金額は
予想以上に低かった。

 

ほんとに、二束三文だった。

 

 

(惜しいなぁ~)と、瞬間思ったが
思い切って売り払った。

 

それでも、、、

売りたくなかった本があったので、
それは残した。

 

(いつか読むだろうと、、、)

 

しかし、その機会を得ずに
その残しかった本たちも

 

結局、その後、1ページも開かずに
そのまま本棚に残っている。

 

さっき見たら、
うっすらとほこりが積み重なっていた。

 

その本たちをみて
ほこりを取ってやったが、、、

 

きっと、今後、1ページも
開くこともしないだろうなぁ~と、思った。

 

 

 

追伸
脳はあなた自身が思っている以上に
キャパシティがあるそうだ。

 

1度でも目をとおせばすべてを
脳が暗記しているそうだ。

 

だから、記憶力が強いというのは

 

「覚える力」が強いと、
いうことではなく

 

「思い出す力」が強いと、
いうことなのである。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^