-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

05.17 東横線横浜駅男子トイレ:和式トイレには誰もいなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鈴木は、道場(千駄ヶ谷)の往復に
東横線、副都心線を乗り継いで
北参道駅を利用する。
 
 
先日も、道場での「研鑚」を終え
東横線横浜駅にたどり着いた。
 
 
そこで、尿意をもよおしたので
トイレに入った。
 
 
並んでいる人がいたので
 
 
「おしっこで並んでいるのですか?」
 
「違います」(怒って言うように聞こえたので、、、)
 
 
(そうか、下痢気味なのかと、、、)
 
と、勝手に推測する。
 
 
※人間の感情は、「動作」に
無意識に出てしまうものだ。
 
下痢の人は、肛門を締めるので
足の内側に力が入る。
 
そのため、体全体が緊張するので
それらしい雰囲気になる。
 
 
 
そう言う彼を横目に見ながら
小便器で用を足した。
 
 
(ふぅ~、すっきりした)
 
 
そこで、大便器を見ると
 
「和式便所」の大便器は
2つも「空いている」のです。
 
 
でも、下痢気味かなと
ちょっと心配した彼は
 
その2つに入らず、
洋式便所が空くのを待っていました。
 
 
(もう、和式便所の時代ではないのだなぁ~)と
 
 
その下痢気味の彼を
ちょこっと見てみました。
 
 
年の頃は、30代はじめか、20代後半。
 
帽子をかぶり、肌の手入れもしているような
おしゃれな雰囲気な彼だ。
 
 
(そうだよなぁ~
この年代の子たちの自宅のトイレは
きっと洋式だよなぁ~)と。
 
 
と、そこで
 
「和式便所 駅 多い」と
 
入れてググってみると、
こんな答えがありました。
 
 
ん~ん、鈴木が、一生懸命に考えても
絶対に出てこない理由の数々。
 
 
「これは!」」と思う理由から
書いてみると、、、
 
 
駅構内で和式便所が多い理由
 
 
1、便所内飲食を避けるため
 
2、掃除が容易
 
3、直接便器に肌が触れない
 
4、設置スペースが小さくて済む
 
 
 
(なるほどなぁ~)と。
 
 
 
 
 
追伸
股関節、足首の可動性がないと
しゃがむのは「きつい」のです。
 
 
整体では、この「しゃがむ」ことは
「型」の中でもかなり重要です。
 
 
ですから、整体の勉強を始めたばかりの
初心者は、この「しゃがみ」の型が
難しいのです。
 
しかし、練習を重ねていくうちに
股関節が徐々に緩んできます。
 
すると、どういうわけか
体が元気になっています。
 
なぜなら、しゃがむことによって
股関節周りを刺激し、血流の流れが良くなるからです。
 
※股関節周囲には、
重要な血管、リンパが通っています。
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択