額の生ぬるい汗から服薬の有無を知る

この記事は2分で読めます

Pocket

4,5日前のこと。
午前中のある時間。

 

ある方の紹介で50代の男性

(新患さん)を診た。

主訴欄には、腰痛とある。

 

※新患さんを診る時は、

基本的に午前中にしてもらっている。

午後からだとどうしても
昼食の影響やら、その日の疲れやらで
その方のまっさらな姿を

把握できないためだが

 

「では、お顔をあちら側に向けて
正座して下さい」

 

首の弾力の確認、頚椎の確認、
後頭部の確認のため

 

ふと、額にさわった瞬間、
指先に生ぬるい汗を感じた。

 

(ん、これは薬を長い間

飲んでいる汗だ)

 

「●●さん、何か長い間、

薬みたいなものを、飲んでいらっしゃいますか?」

 

「はいっ、8年ほど前から

血圧の薬を飲んでいます」

 

「そうですか。

※鈴木の心の声(やっぱり)」

 

「そんなことがわかるんですか?」

 

 

と、いう具合に体には
いろいろなサインが出る。

 

それらを手で確認したりして
患者さんの現在の状況を知る。

 

 

そして、操法の組み立てを

考えるのだが、、、

 

これが、なかなか難しい。

 

 

この患者さんのように薬を
長く飲んでいれば、

 

どうしても肝臓の様子を

必ず確認しなければならない。

 

※弱い薬といっても、

薬は基本的に化学物質。

最終的には肝臓で分解されるため、

負担がかかるから。

 

 

えてして、この服薬で

腰痛になっていることも多いから
細かくチェックしていかなくてはいけない。

 

 

 

追伸

ある時、同じような生ぬるい汗の方がいたので

 

「長く薬を飲んでいらっしゃいますか?」と
言ったところ、飲んでいないと言う。

 

でも、おかしいなぁ~と思って
よくよく聞いてみると

漢方薬だったこともある。

 

(漢方薬も薬なんだけどなぁ~。

他人の感受性と自分の感受性とは違うから、、、)

 

 

だから、

 

「●●さん、何か長い間、

薬みたいなもの
飲んでいらっしゃいますか?」

 

と、聞くことにしているのだが。。。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^