がん発症のトリガーは最古の昔から埋め込まれていた

この記事は2分で読めます

Pocket

170万年前のヒトの化石
ガンの痕跡があったそうだ。

参考:『 National Geografihic 』

20160729

 

 

この話を聞いて即座に
思い出したことがある。

 

それは徳川家康公のこと。

大阪夏の陣で宿敵:豊臣秀頼を倒し、
反徳川の後顧の憂いを絶った家康は
意気揚々と地元駿府(現在の静岡市)に戻った。

 

そして、しばらくして

家康は亡くなった。

死因は、側近の茶屋四郎次郎から贈られた
鯛の天ぷらを食べすぎて
お腹をこわして死んだことになっているが、、、

 

実際は、数年前から腹部に
岩のようなしこりができていたそうだ。

 

ちなみに、その時代の書によれば
岩と書いて「がん」と読ませていたそうだ。

 

岩のように硬いしこりだから「がん」か?

なかなかなネーミングだなと思った次第。

 

さて、本題に戻る。

記事によれば、

・南アフリカ

(スワートクランズ洞窟)で発掘された

 

※ヨハネスブルグの北部にある

世界遺産(文化遺産)です。

この近辺で、初期人類が数多く

発掘されるところから
「人類のゆりかご」と呼ばれる。

 

・見つかった骨は、足の指

 

・今から160~180万年前

 

・がんの種類は骨肉腫

 

だそうだ。

 

 

現在の科学の発展ぶりは

すごいなと思う反面

 

こんなはるか昔からがん細胞は
体の中でうごめいていたことに

ショックを受けた。

発掘した学者先生によれば

 

・簡素な食事をしていた

→発がん性の食事はしていなくても、、、

 

・汚染されていない環境で暮らしている

→放射線がうようよしていなくても、、、

 

 

がんになりえるのです。
なぜなら、がん発症のトリガーは
最古の昔から埋め込まれていたから。

 

と、結論付けている。(う~寒い、、、)

 

 

(なるほどなぁ~)

 

 

さて、整体的には「がん」は体の中に
できたおできと考える。

 

がん細胞はどんな健康な人でも
どんな若者にでも1日1個は発生するという。

 

そして、早期発見で

見つけられるまでの

大きさに育つまで、

 

だいたい20年はかかると言われている。

※血液のがんはもっと早いらしいが。

 

それに、怖いことに早期発見で

見つかった時にはがん細胞は

すでに1,000万個単位だそうだ。

 

(ん~ん、、、

1,000万個で早期発見(´・ω・`))

 

要するに、何が言いたいのかというと

やばくなるまでに20年は

時間的余裕があるということ。

「じゃ~どうしたらいいの?」

それはね、がん細胞は熱に弱いのです。

このことはすでに立証済みなので、、、

だから、20年間の間に

適度に風邪を引いて
発熱をするような生活を

すればいいことになるのです。

 

よしみ整体にお見えになる
がんの患者さんとお話ししても

・ここ30年熱が出たことがない

・風邪を引いたらすぐに薬を飲む

・熱が出たら怖くなって解熱剤で止めた

 

と、おっしゃっていたから、
そういうのもあるのだろうと思う。

 

 

 

追伸
がんに関する最古の文献は、
紀元前2600年頃に活躍した
エジプトの偉大な医師イムホテプによるもの

それによると、

どんな治療を施してもよくならない

→乳房にできた膨らんだ塊(かたまり)

どうやら乳がんだったらしい。

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^