考えがまとまらない時には肘を温める

この記事は2分で読めます

Pocket

昔から、伝承されてきた民間医療の技術は
素晴らしいものがたくさんある。

今日、話題にするのもその1つである。

さて、考えがまとまわない時には、
どこを暖めるとよいか?

ん~ん・・・・

 

 ”肘”  を暖めるとよいそうです。

 

著名な作家が原稿を書けなくなった時に

「肘をたらいに張った湯につけていた」と
先生から伺った記憶がある

 

 

そういった時の、肘は冷たくなっているそうです

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

なぜ肘を暖めるとよいのか?

 

 

今なら
肘が呼吸器の急所だからだと答えることができるが

 

 

 

その話しを初めて聞いた時は10年以上も前なので

 

 

確か、実際に湯につけてみた記憶がある
(どんなだったかは忘れたが。(苦笑))

 

肘を暖めることによって
肋骨がゆるむ

 

肋骨がゆるむと自然と「呼吸」が深くなる
(呼吸は、肋骨が開いたり、閉じたりして行われる。

 

 

そのため、肋骨の動きができてくると自然に肋骨の開閉が
大きくおこなわれるため、結果的に呼吸が深くなる)

 

 

呼吸が深くなると、新鮮な酸素が脳の中に
ふんだんに供給される。

 

 

だから、「アタマスッキリ」という具合に
なると考えられる

 

 

 

こういったことは
知っているだけでは何の役にも立たぬ

 

 

 

「知識」でとどめるのではなく
やってみられることをおすすめする

 

 

受験生に、一生懸命
「●●、がんばってね」と言って、夜食を
せっせとこさえるより

 

 

たらいに湯を張って
「●●、両肘を出しなさい。そしてこの湯につけなさい」

の方が、数段も効果的であると思う

 

 

結果は、来春にお聞かせ下さい(笑い)

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

激しい気圧の変化で左の肩こりになった

左肩のこりは、消化器と心臓と関係が深い

女性が疲労を感じたらかなりの重症

 

三角巾で吊ったら、肩こりが楽になった

軽いぎっくり腰には、蒸しタオル

腰痛の原因は、腰が悪いからじゃない

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^