湿疹ができる真の理由

この記事は2分で読めます

Pocket

(1、2、3、、、、13人か?
今日も、並んでいるなぁ~)

 

これは道場近くにある
皮膚科クリニックの店頭に
並んでいる人たちの数。

 

少ない時で5人ほど。
多い時は、10~15人が並ぶ。

今日は、多い方です。

 

鈴木は、毎朝、この病院の前を
通って通勤しているので

並んでいる人たちの姿が
どうしても目に入ってしまうのです。

 

(昨年もそうだったなぁ~)

 

そうなのです、、、

 

毎年、この時期になると
開店する30分ほど前から
これぐらいの人数が並ぶのです。

 

老若男女問わず。

 

5月のGW明けあたりから
皮膚にトラブルが出始めるからです。

 

 

理由は、鈴木のブログを
いつも読んでいらっしゃる方は
お分かりだと思います。

 

 

覚えていますか?

 

6月に入ってから何回も書いております。

 

 

そうですね、「湿気」の関係で
体が熱中症みたいになっているのです。

 

その結果、熱が体のうちに
こもっているため
蒸れたようになっているわけです。

 

 

ちなみに、皮膚は体表を
もれなく覆っています。

 

汗を出すだけが目的でなく
呼吸をする所でもあります。

 

その結果、熱がこもりやすい人は
※胸椎5番の可動性がない人です

 

その熱を輩出しようとするのですが

湿度が高いため出すことが出来ず
呼吸することもできません。

 

 

その結果、皮膚に湿疹を出すのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

あなた「ん~ん、、、よくわからない」

鈴木「では、ちょっとだけなぞ解きをしてみましょう。
皮膚に湿疹ができるとどうなりますか?」

 

あなた「かゆくなります」

鈴木「そうですね。するとどうしますか?」

 

あなた「かゆいからその所をかきますよ。
当たり前でしょ」

鈴木「かくとどうなります」

 

あなた「気持ちがよくなりますよ」

鈴木「そうですね。その時、皮膚ではどんなことが
起きていると思いますか?」

 

あなた「そんなこと、考えたことないなぁ~」

鈴木「そうですよね。。。

 

実は、、、

 

熱がこもる
→何とか排泄しようとする
→しかし湿気のため排泄できない

 

→しかたなくその箇所に湿疹を出す
→かゆくなる
→かくことによって、その皮膚の下にある
毛細血管が刺激される

 

→血流が良くなる
→熱が結果的に排泄される

 

のです。

 

また、湿疹ができた方がいれば
よくその箇所を見て欲しいのですが、、、

 

鈴木「皮膚が硬くなっていませんか?」

あなた「そういえば、硬いです」

 

つまり、体は、すべてわかって
やっているのです。

 

日頃から、偏り疲労で
硬くなっている箇所に
湿疹を出すことによって

 

そこを本人にかかせて、
皮膚の流れを良くしようと
画策しているのです。

 

 

それを、今の西洋医学は
この精妙な体の仕組みを

「病気」と一括りに
してしまうわけですが、、、

 

 

追伸
この皮膚科クリニックに
並んでいる人は

鈴木の言うことを
にわかには信じないでしょうね、、、

 

整体の常識は世間の非常識ですから。

 

 

しかし、鈴木は整体の理念こそが
これからの時代に必須のものであると
確信しているのです。

 

そのために毎日ブログを書いて
整体の考えかたをじわじわ発信しているわけです。

 

 

 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^