作文コンクールが嫌いな理由

この記事は2分で読めます

Pocket

私は学生の頃、

作文コンクールが大嫌いだった。

 

と、いうのも、、、

 

小学校6年の時の話。

 

そのころ私は、周りの視線を

気にする”イヤな”子どもだった。

 

だから、国語の授業の時間に
作文や俳句、短歌を作るという
課題の時には、

 

決まって「大人受け」

するものを作った。

 

実際、俳句を作る時間の時に

かなり計算して「大人受け」する
お涙頂戴の俳句を作った。

 

 

そして、「どうだ」と

言わんばかりに先生に評価を求めた。

 

「鈴木くん、上手だね。」と

言われるのをなかば期待しながら、、、

 

 

しかし、

 

 

その答えは、予想外の答えだった。

 

 

その先生は、30半ばの

女性の先生でH先生といった。

 

(この日は、どんよりとした天気で
こぬか雨が降っていた。

 

なぜかよく覚えている)

 

 

「鈴木くん、こんな俳句は

作るんじゃないのよ。

 

子どもらしさがないわ。も

っと、素直に書きなさい。」

 

と。

 

愕然とした。

ショックだった。

 

心の奥にある柔らかな

マシュマロをぎゅ~っと

握られねじられたようだった。

 

 

心に”隙間風”がひゅ~っと
吹いた。何度も。。。

 

 

それから、小学4年生から

大学生を対象にした
作文コンクールが大嫌いになった。


(9歳までのは”大好き”)

 

コンクールに入賞した

作品を読むと


そのころを無意識に

思い出すからだろう。

 

 

(お前は、周りを気にする嫌なやつだ)
(素直じゃない)
(強いものにへいこらする男だ)

 

このことは、その後
私の性格を難しいものにした。


(そういう自覚がある)

 

 

あの日に、H先生に言われたことは
あれから40年近く経つのに
忘れることができない。

 

 

きっとH先生は、何気なく
言ったのだと思う。

 

 

・・・・・・・

 

 

(コトバって怖いなぁ~)

 

 

今まで生きてきて
きっと私もこのH先生みたいな

ことを言ってきたのだと思う。

 

ある仏典に、

確かこういうのがあった。

 

「口から出たコトバは

二度と返っては来ない」

 

ゆめゆめ用心のこと。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^