左耳の奥の痛みの大本の原因は肩甲骨です(2)

この記事は2分で読めます

Pocket

鈴木のブログでは、

このテーマが多数読まれているらしい。

そのテーマは、

 

『左耳の奥の痛みの

大本の原因は肩甲骨です』

(こういったのが読まれているのか?)

このブログを書いた経緯は、
そもそも鈴木が半年に1度ぐらいの
ペースでこの箇所が痛くなるので

その様子を書いてみたのだ。

そして、なぜ痛くなるのか?を
鈴木の場合として書いたのです。

断っておきますが、肩甲骨の動きが
あっても痛くなる人は
実際いらっしゃるので、、、

必ずしも、

耳の奥が痛い→肩甲骨の動きを作る

→治る、と短絡的に考えないでほしい。

そうでない場合も多いのだから。

 

 

さて、今日は、このテーマについて
さらに突っ込んで書きます。

ごちゃごちゃ書いてもわかりにくいので
例を出しながら話しますね。

まず、痛い所、この場合、左耳の奥だが
そんな時は、必ず、その近辺の関節、もしくは
筋肉の境い目がはっきりしない。

何らかの原因で関節、筋肉が
腫れて炎症を起こしているからだ。

また、この辺りは、血流が
心臓から脳へと入る血管の通過地点。

だから、血液が「ドクンドクン」と
心臓から吐き出されるたびに

「ズキンズキン」と痛みが増すのだ。

本来なら、なぜ

関節、筋肉が
腫れて炎症を起こすのか?を

感じながら施術していくのだが、、、

 

 

とりあえず、

・肩甲骨
・鎖骨
・肩回り
・肺の落ち具合

 

の観察は、必須です。

 

 

特に、昨今は

・偏り疲労(目の使いすぎ:パソコン)
・立ち仕事(腰の疲労:立ち仕事)
・仕事がら(保母さん、介護職)
・季節がら(熱中症)

 

などから、肺を落とし、その結果
耳の奥の痛みを誘発することが多い。

 

 

「鈴木さん、どういう意味か?
わからないですよ」

 

「鈴木も正直なところ、

肺が落ちる、という考えが
腑に落ちたのは井本整体を

勉強してから何年か
してのことですから。

 

この1回の説明ではわからない、と
思います。(-_-;)」

 

 

「じゃ~どうしたらいいのですか?」

 

「肺の左右差を整えるしかないのです」

 

「具体的には?」

 

「鈴木の場合でいうと

右の肺が落ちて、その結果
左の肩甲骨の内側が詰まるために
左耳の奥の痛みになるのですから、、、

『内縁の捻転体操』がいいのです。

紹介している体操を知りたい方は、下記からどうぞ。

『胃と腸が強く案る整体法』110ページ

 

<<<井本邦昭先生の著書はコチラ>>>

 

 

あくまでも、鈴木の場合ですからね。

あくまで」

 

 

 

追伸
「あれっ、あの痛みが来そうだ」と
予感するたびに、この体操をしています。

 

効果は抜群です。

 

痛みになる原因を追究して
その箇所を人体力学体操で緩めていく。

これほど効果があることはないですね(^◇^)

 

鈴木の場合は、内縁でしたが、、、
痛みの原因がそうじゃない人も

いらっしゃることを先ほどから
話してきました。

ですから、

井本整体ではいつの時でも

その人、オンリーワンの
施術になるのです。

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^