俺は狩る側だ『旅猫リポート』

この記事は2分で読めます

Pocket

今日は、鈴木得意の「にゃん子」話しです。

 

時間が無い方は、スルーした方が
いいかも、という内容です。

 

以前にも、お話ししましたが
鈴木は、犬よりもにゃん子が好きです。

 

沖縄に行った時も、
牧志の公設市場で、


青い色をした鯛の刺身をつまみに

オリオンビール、
泡盛『残波』の水割りを飲んで
良い気分になった後、

 

市場の外で見かけた
白猫のにゃん子を追っかけて
国際通りの裏町を徘徊して
友人に迷惑をかけたりしたし、、、

 

根室落石漁港をてくてく歩いていた
小さい三毛猫に「にゃお」とか言って
かえってびっくりさせたし、、、

 

それを見ていたおばはんからは
「不審者」を見るような

まなざしを向けられたり、、、

 

まぁ~散々です。

 

と、まあ~それぐらい
にゃん子が好きなのですが、、、

 

(なぜ、好きなのかな?)

と、考えてみると

 

 

何と言っても

「にゃん子の奔放な自由さ」

 

に、憧れていることに
気づきました。

 

にゃん子を見ていると
彼らが、こんなことを言っていると
いつも思うのです。

 

にゃん子の心の声

 

「人間には、こびないぞ」

「そっちから、俺さまにこびを売れ!」

 

 

ちょっと思い出しました。
これに似た話しがあります。

 

有川浩さんの小説に
『旅猫リポート』なる本があります。

 

その中で、「ナナ」と呼ばれるオス猫が
馬を北海道で初めて見た時に


その目が優し気でびくついているのを見て

心の中でこう言い放つシーンがあるのです。

 

「(馬は)狩られる側の動物だ。
だから、いつもオドオドしている。

 

だけど、俺は狩る側の動物だ。
なりは小さくてもな」

 

100%同感です!

 

これって、よく考えてみると

鈴木が、心の底で
思っていることなのです。

 

「他人には、こびないぞ」

 

「そっちから、俺さまにこびを売れ!」

 

「・・・俺は狩る側の動物だ。
なりは小さくてもな」

 

 

なんとも、、、

いやはや、、、

 

にゃん子の話しを、書いているうちに

 

鈴木は、

心の奥に大事にしまってきたコンプレックスを

さらけ出してしまったようで
恥ずかしいです。(涙)

 

なんとも、格好が悪いけど、、、

きっと、そうなのでしょうね。

 

 

さきほど、にゃん子を見ていて
そんなことを考えました。

 

 

 

追伸
有川浩(ありかわひろ)なる作家さん

 

この作家さんが書くものは
すべておもしろいです。

 

読み進めていくのに
引っかかる箇所がない構成力。

 

心の微妙な機微を表現する文章力。

 

読むたびに恐れ入ってます。

 

全冊踏破遂行中です。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^