清水宏保の感覚の鋭さは地頭の良さをもの語る

この記事は2分で読めます

Pocket

昔、スピードスケートの世界で

身長162センチながら

 

【ロケットスタート】
記録を次々に塗り替えた選手がいた。

 

清水宏保選手だ。

 

鈴木もそれぐらいの身長なので
妙に親近感が涌く。(^^)/

 

 

特に、大舞台では滅法強く
オリンピックでは
3つのメダルを獲得した。

【1998年長野】
500m:金
1,000m:銅

 

【2002年ソルトレイクシティ】 
500m:銀

長野でのあの喜びようは
感動の1シーンだった。

 

しかし、彼のあの超高度な
技術、メンタルの影には

ある一つの重要なファクターが
あったことを知る者は少ない。

実は、彼は
トレーナー泣かせの選手
有名だった。

 

 

と、いうのは

彼が、練習を終えてからのこと。

その日の疲れを取るために
トレーナーにマッサージをしてもらう。

その際、マッサージ師に
出される要求が非常に細かったらしい。

 

 

清水選手(脚裏の筋肉をもんでもらいながら)

 

「やって欲しいのはそこじゃない。

そこから右に2センチ動かして

そこを上下、またそこから左右。

そして、下から滑らした

そこをやって欲しい。

その圧ではなくその半分ぐらいの圧度」

※清水選手の会話は
あくまで鈴木の頭の中の戯言なので~(苦笑)

 

 

イチローに代表される
超一流のアスリートは
体の中の感覚は非常に敏感。

 

イチローが話す内容を
注意深く読むと「なるほど」とわかる。

 

それぐらいに繊細でないと
いい記録や並外れた結果は
出せないのだと思う。

 

 

 

追伸
筋肉が敏感ということは
つまり「脳」が敏感ということ。

 

筋肉は1センサーにしかすぎず
実際に感じているのは、
小脳を中心とする脳。

 

脳は、シナプス間を電気信号で
やりとりをする。

つまり、清水宏保選手の脳は
その敏感な筋肉並みに
敏感ということですね。

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^