席を譲られました

この記事は2分で読めます

Pocket

昨日、東横線での事。
鈴木、席を譲られました。(ガビーン)

(自分では、若いと思っていたのに、、、)


友人にも、患者さんにも、整体の後輩にも
「鈴木さん、若く見えますよ」と
言われてはいたのだが、、、

 

どうやら、それは
思いすごしだったようです。(涙)

 

整体の講座を終えてから
明治神宮を歩きたくなって

 

明治神宮→参宮橋オリンピックセンターと

足を伸ばした。


(鈴木は、散策が趣味なのです)

 

 

途中には、

・東京乗馬センター
・ポニーの乗馬会場
・泥んこの山がある
あえて整備されていない公園

 

と、なかなか楽しかった。

 

(もう、ここらで散策もいいか)と、思い

 


明治神宮駅(=原宿駅)から
自宅がある横浜へ戻るために電車に乗った。

 

運よく端っこの席が空いたので
そこへ座って本を読み始めた。

第60回江戸川乱歩賞受賞作品
『闇に香る嘘』下村敦史
※この作品は「このミス2015」で
上位にランクされている。

 

この推理小説は
新人が書いたにもかかわらずとても面白い。

 

 

【スポンサードリンク】

 


「渋谷、渋谷」とアナウンスが入る。
電車が渋谷に着いたらしい。


そしたら、杖を付いた年配の女性が
車内に入ってくるのが左目の視野に入った。

 

そして、鈴木の前に立った。

 

(せっかく座ったのになぁ~)
(居眠りしたふりをするかな)

 

と、脳の中に一瞬
悪魔の声がやさしく語りかける。

 

(お前も若くはないんだぞ、、、)


しかし、その悪魔の声を
必死に打ち払い、

 

その女性の左手首にさわりながら
「ここ、どうぞ」と。

 

女性は「ありがとう」と言って座った。

 


そしたら、間一髪入れずに
鈴木の横に座っていた
30代前半の男性が

 

・髪が横掛け
・顔の彫りが深い男らしい顔つき

 

「私が替わりましょう」と言って

そそくさと立ち上がり向こうへと消えた。


数秒考えたが
結局、その年配の女性の隣りに座った。

 


その後、本の続きを読んだが
はっきりとは覚えていない。

 

 

 


追伸
ん~ん、30代の彼から見れば
鈴木も席を譲るべく
おじいさんなのかもしれない。

 

(俺って、そんなにじじいなのかな)

かなり、ショックなんだけど、、、


その時のことを思いだしながら
このブログを書いている。


そして、今、
『股関節体操』をしている。

※男は股関節の硬直から
齢(よわい)を重ねるからね。


何にせよ、、、
今日、2017/3/12は
鈴木の忘れられない日となると、思う。


以上。。。

 

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^