外くるぶしが痛いのにも様々な理由がある

この記事は1分で読めます

Pocket

先日のこと、
通勤中、歩いていると
左の外くるぶしが
靴のヘリに当たって痛い。

 

今日の靴はローファー。
高校生がよく履くような靴。

 

この靴は、ヘリが高く硬めに
作られているが、、、

 

それを差し引いても
外くるぶしが、下がっていることは
まぎれもない事実。

 

「なにしろ歩くたびに痛いからね、、、」

 

外くるぶしが下がる直接的な原因としては、

・左腰の下がり
・左股関節の下がり

 

なのだが、、、

 

整体指導者としては
なぜ、腰と股関節が
「下がった」のか理由を
つきとめないといけない。

 

左の下がりなのだから
内臓的には、左側にある臓器である
胃、膵臓、脾臓の疲労が考えられる。

 

また、頭の疲れも視野に
おかないといけない。

 

脚、足の異常は頭(=ストレス)と
関係が実に深いのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

つまり、

 

「要求以上に食べたか?」
「左手を多く使ったか?」
「ストレスを感じたか?」

 

その判断はお腹でするのです。

 

しかし、お腹には異常な箇所が
みうけられないので、、、

 

そっちの系統ではないことがわかる。

 

なら、次に考えることは
左腰、左股関節、左脚に
普段より負担をかけることをしたか?

 

思い当たることがありました。

 

そういえば、前日、プールに行ったなぁ~と。

水中を歩く時に、左の脚が重く感じた。
それを無視して歩いたのを思い出した。

「あぁ~、それか、、、」と。

 

原因がわかったので

道場に着いてから、
早速、左の股関節、
左の腰を緩める体操をしてみた。

 

体操をした後、すぐに靴を履いてみた。

30分ほどの前に感じた
左くるぶしのあたりは無くなっていた。

 

 

 

追伸

原因を突き止めることが

整体の仕事ということです。

 

 

 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^