睡眠負債が引き起こす膝の痛み

この記事は1分で読めます

Pocket

この頃、11月中ぐらいから
気になることがある。
 
 
うつぶせになてもらい
背骨を確認していくのだが、、、
 
 
押しなべて腰椎3番が
硬くて動かない人が多い。
 
「可動性」がない状態。
 
 
それで、腰椎3番は
以下に書いたような
意味があるので、、、
 
 
※腰椎3番
5つある腰の骨(=腰椎)の
真ん中の骨
 
整体的には、
腎臓、ねじり、膝、睡眠を示す。
 
 
「この頃、眠りの質はどうですか?」
 
と、お聞きすると、、、
 
 
皆さん、いちように
 
 
「良くはないです」
 
「寝ているんだけど寝た気がしない」
 
「いつも眠い」
 
「昼間に寝落ちするような
激しい睡眠欲に襲われれる」
 
 
とか、言われる。
 
 
「そうですか、、、
 
それで、こちら側の膝が
たまに痛くなったりしませんか?」
 
 
「えっ、何でわかるんですか?」と。
 
 
※それは、腰椎3番が硬くて、
それを支える腰の
筋肉の力が抜けている
 
 
また、眠りと関係のある
胸周り、腋窩(=脇の下)の
硬直具合から総合判断
 
 
 
 
つまり、膝の急所と
眠り(=睡眠)の急所とは
重なりあうので補完しあうのです。
 
 
だから、
 
 
・激しい運動をしていないのに
・変わったことをしていないのに
 
 
膝が痛くなることは
日常茶飯事なことなのです。
 
 
 
それで、
 
 
「忘年会が多いんですか?」
「年の瀬でいろいろと忙しいんですか?」
 
 
と、聞いてみると
 
 
みな、忙しくて、
その影響からか、満足のいく睡眠が
取れていないことがわかるのです。
 
 
 
 
 
追伸
このように睡眠負債から
膝に痛みが出ることがあるので、、、
 
 
急に膝が重くなったり
違和感を感じたりしたら
 
 
「治療」することを考える前に、
睡眠、眠りの質をまずは
整えることを考えてください。
 
 
2、3日、ゆっくりと眠ることで
膝の状態も改善すること間違いなしです。
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 09.24

    3分の1ルール

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^