その異常?腕の疲労が遠因かもしれません

この記事は2分で読めます

Pocket

(あっ、この患者さんも腕が重い)

 

※お腹、背中の急所の調整を終えて
最後に、正座になっていただき
首周りを確認する時に腕を診るのです


それで、確認のため聞いてみる。


「腕とか指とか、頻繁に
使っていらっしゃいますか?」


すると、たいてい

(怪訝そうな声音で)


「・・・いや、人並みだと思いますけど」

「職場で1日中マウスを使っています」

「主婦だから、家事をするぐらいです」


など、

まぁ~あまりツボにはまった
グッドな返答がない。


(しかしなぁ~この腕の重さは
異常の領域だなぁ~)

 

と、感じ、自分の感覚を信じて
最後に腕の調整をするのです。


すると、みな、非常に痛がる。


過敏な人は、

「痛いですなぁ~」

「先生、痛い」と言って
逃げ出そうとする人もいる。


それを見て


(やっぱりか。。。)

 

(腕が疲れているのを感じないほど
疲労しているんだ)

 


仕方ないです。

腕は頻繁に使うから


「疲れ」のたびに

違和感を感じていたら

生活するのに不具合がある。

 

だから、日頃は感じないように
あえて「鈍く」なっているから。


でも、全身が疲れての
腕の異常ならまだしも

 

現在は、パソコン、スマホでの
指先の酷使からくる
偏り疲労(=部分疲労)なので

腕の問題は厄介なのです。

 


なぜなら、

指先の筋肉は脚の筋肉と違い、
細いから「強度」が弱い。

 

使いすぎて、壊れると、
バッファーが少ないので
修正がきかなくなるのです


だから、いつも

(パソコン、スマホは悪魔だな~)

思うのです。


こんな印象をここ4、5年、
持つことが多くなりました。


※スマホは、ある意味
「時代」を変えましたよ、、、

 

これからの時代は、

腕の疲労を取らないと
体が「いい方」へと

変化しなくなる時代が
やってくると予想しています。(涙)

 

 

整体的には、

腕といえば、
呼吸器(=肺)を意味する。


腕=肺(胸椎3、4)です。


※整体初心者のために
ざくっと書いています。

 

生命は、奥深いものなのです。
1つの箇所が二重三重の意味を併せ持つ。

 

 

腕から肺の箇所へと
筋肉が付いている関係で

腕が疲労して重くなると
肺を引っ張る。


すると、どうしても
猫背、前屈状態になりやすくなる。


前かがみになると
体にとってロクなことはないのです。

 

弊害がたくさんありますが
ここでは主題からずれるので書きません。

 


まぁ~要するに、

現代人は常時、腕が疲労していますよ。

そのために、いろいろな弊害が出ている。


と、いうことです。

 

 

 

追伸
特に、力こぶの箇所が
下へ落ちるとあんばいが悪いです。

 

鏡を見て左右の力こぶの
位置をみて下さい。

 

下がっている側の
「肺」が疲れています。

 

こちら側の腕をゆるめる
体操をすると体が改善されます。


『上腕二頭筋を伸ばす体操』がいいですね ♬


参照:『胃と腸が強くなる整体法』146ページ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^