アナログ的な地震予知は科学を凌駕する

この記事は2分で読めます

Pocket

鈴木です、

 

今日は、地震予知について
興味がそそられる情報に
接したのでシェアしますね。


まもなく9/1:防災の日ですから、、、

 

寺田寅彦じゃないけど
「天災は忘れたところにやってくる」と
言いますし、、、

 

 

では、始めますね。

 

・太古から地震が多いアンデス地方の農民は、
地震予知のために小鳥を飼う習慣があった


・古代ローマの知識人:大プリニウスによれば

 地震の前兆として

 

 1、動物が興奮する
 2、泉の水が濁る、嫌な臭いを発する
 3、独特な霧が発生する

 

(もともと地質学的にイタリア半島は地震大国)

古代ローマの人々も地震について

考えていたみだいだね。

 

wikiによると大プリニウスさんはこんな人。

( 23年 – 79年8月24日)

 

博物学者、政治家、軍人。
ローマ帝国の海外領土総督
自然界を網羅する百科全書『博物誌』の著者

この『博物誌』全部で37巻。

 

天文学、地理学、民族学、人類学、人体生理学、
動物学、植物学、園芸、医学と医薬、鉱物学と冶金、美術

にわたる、


尚、


古代研究の分野ではルネサンスまで
『博物誌』が唯一の情報源であった。

(1500年近く古典の地位を守っていたのだね)

 


・哲学者:アリストテレス
「地震の前に奇妙な霧が出て太陽の光が弱まる」

 

・紀元2世紀のパウサニアス
「太陽が赤黒く見えるのは地震の前触れ」

 

・ピタゴラスの師とされる
ギリシャの物理学者フェレキデス

「こんこんと湧き出る泉の異常を感じ
3日後の地震の発生を予知」

 


(なるほど、なるほど)

 


人類の類まれなる英知の結集から
紬だされてきた知恵なのか?

 


確かに、脳は3%しか働いていないし

 


科学がすべて本能に勝ると考えるのは
おかしなことだ。

 

 

もっと「勘」というかアナログ的な

情報を信じてみろ、ということか。

 

 


出典:『動物は地震を予知する』
ヘルムート・トリブッチ

 

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^