生まれたばかりの赤ちゃんとの一体感の秘密

この記事は2分で読めます

Pocket

鈴木が、今、読んでいる全国紙は
讀賣新聞なのです。

 

その中で、具志堅用高さんが
「時代の表現者」として
コラムを書いています。


これが、なかなかおもしろくて
毎日、楽しみにしておりました。

 


ちょっと話しは飛びますが、、、

 

鈴木の世代は、彼の活躍ぶりを
よく覚えているのですが、、、

 

私より若い世代は

 

「具志堅用高って、誰?」っていう
感覚だと思いますので
補足をしておきます。

 


具志堅用高さんといえば
今から30年前は

ボクシングの世界で
誰でも知っているビッグネーム。

 

つまり、日本人ボクサーとして
世界的に見ても

「ずば抜けて強かった」
選手なのです。

 


でも、活躍当時から
ずいぶんと時が経ちました。

 


だから、

今では、テレビのコメンテーターとして
具志堅用高さんを覚えている方も
多いと思いますね。

 

「ちょっちゅね~」が「売り」ですが

あれも、ご本人の言葉ではなく
彼を真似た片岡鶴太郎の造語とか。

 


まぁ~そんなことを
頭に入れておいて下さい。


そんな彼のコラムですが、、、

 

11/30(木)のコラムでは

今まで、戦ってきた相手と
引退してから会って
うんぬんという話しです。


内容は、省略しますが
ポイントは、「ここ」です。


ここから


修羅場である世界戦で
ぶつかった相手とは、

久しぶりに会っても
なぜか?意気投合できる。



ここまで


これを、読んだ時に
鈴木がはじめに思ったのは、


(これって、わかる気がする)


「鈴木さん、言っている
意味がわからん?」

 

「そうですよね。

それは、こういうことなのです。


鈴木が以前に、妊婦さんを
患者さんとして診た、と、します。


その際に、おなかにいる
赤ちゃんに話しかけるように、
気持ちを入れるのです。

 


そして、しばらく経って
その子が、この世に誕生する。

 


出産後、この赤ちゃんの母親が
骨盤を締めに鈴木のところへ来院する。

その赤ちゃんを連れてね、、、


そして、「その子」を見ると、

いつも、そうなのですが、、、

 


(あれっ、この子とは、
どこかで会った気がする)

 

(他人のように感じない)

 

(同志のように感じる)

 


のです。

 

 

まるで、
この具志堅用高のように。。。


<久しぶりに会っても
なぜか?意気投合できる>

 

 

 


追伸
その子のパパが言ってました。

 

鈴木「この子、静かですねぁ~」

 

パパ「そういえば、そうですねぁ~。

鈴木さんのところに来た時は
いつもより特に、静かですね」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^