-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

10.03 124冊ブックオフに売却して¥1,153でした(涙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

先日、道場の大掃除をした。


と、いっても、、、


たわしや雑巾で、廊下や窓を
磨き上げる、ということではなくて、、、

 

今まで購入してきた本の後始末。


つまり、ロッカーや入口カウンターの下
バックヤードに積み上げられた
「本」の処分なのです。

 

ここで、不思議なのが、、、

この時期、なぜか?
「本」を処分したくなるのです。

 

「鈴木さん、わかりづらいなぁ~」

「そうですよね。

わかりやすく時系列に書くと、、、


本を処分する前の夜、

A4用紙一枚に
「明日、本、処分すること」と、書いた。

 

※鈴木は、前の夜に、

翌日すべきことを、
すべて、こと細やかに

A4用紙一枚に記すのが
長年の習慣なのです。

それを書いたところで
5年日記を付ける。

 

すると、

昨年の同じ日に、
「今日、本を処分した」と書いてある。


(え~っ、これって偶然?)


つまり、昨年も、
この時期に本を処分していたのです。

 

このブログを書きながら、、、


確認のため、
もう一度、5年日記を見たが
間違いではなかった。


また、驚くべきことに、、、


2年前も、3年前も、、、
5年前も、10年前も、、、


この時期、「整理整頓」を
しているのです。


ある時は、写真の整理だったり、、、
また、ある時は、年賀状の整理だったり、、、


この事実に、(ん~ん、、、)と
考え込んでしまいました。


今年に関しても、
本を処分しようと決意する
前の日は5年日記を見ていない。


なのに、1年前の日も

時を同じくするように

「本を処分する」と、
いう決断をしている。


(なぜだろうか?)

 


追伸
大事な本もあったのに
なぜか?処分したくなる。


ここで、「頭」で考えると
わからなくなるのです。

 


理屈では、、、

あぁ~、あの本は、
2度と読まないからね、とか

あぁ~、あの本は、
今の自分にはそぐわないからね、とか

あぁ~、あの本は、
時代遅れだから、とか


いろいろな理屈は付くのですが、、、


※理屈は、どんな時でも
アロンアルファのように
いつでも付くものなのです。(苦笑)

 

こんな時は、「発想」を変えてみると
その「真実」に近づくことがたやすい。


「頭」(=理屈)からではなく、、、

「体」(=本能)から診ると


今の時期は、季節の変わり目。

体が、夏の体から冬に備えて
体を作り変えている時期と考えれば、、、


鈴木の、「捨てたくなる」気持ちも
わかるというものです。

つまり、頭も体の本能の要求に
逆らうことができないのです。

 


そして、鈴木は、蔵書の95%を
ブックオフに売りました。

その額、なんと¥1,153


※売り払ったのは124冊


ブックオフが次々と
お店を新規で立ち上げる理由がわかりました。


まぁ~こういうもんですよね(アハハ)(苦笑)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択