負のスパイラルに取りつかれたら、まず体を動かせ!

この記事は2分で読めます

Pocket

(今日は、どうも気分が乗らないなぁ~)

 

と、思いながら、

 

メトロ副都心線の北参道駅を降りて
千駄ヶ谷の井本整体道場へと
向かう坂道を歩いていると、、、

 

次第に胸のところが苦しくなってきた。

息を吸おうにも吸えない。
息を吐こうとするが吐けない。

 

(おいおい、平気かよ)

 

と、思っているうちに

ドクン、ドクンと、動悸までしてきた。

 

 

鈴木も、いちおう体を診るプロなので

深息法をして下腹に呼吸を入れてみたり
手のひらの中央(=心を鎮める箇所)を
強く押さえてみるが効果がない。

 

(体が、どうかなってしまったのか?)
一瞬思ったら、、、

 

次から次へと
ネガティブな感情が湧いてきた。

 

(大きな病気の前触れ、、、

そういえば、このところ右の背中がうっとうしい。
右と言えば、肝臓とか胆のうがあるなぁ~)

 

(万が一、肝臓だったらイヤだなぁ~)
(そしたら、今後、どうする?)

 

と、、、

 

 

なまじ知識があるだけに
始末が負えない。

 

 

次に出てきたのは

 

(でも、俺はそんな悪さもしてないし、、、)
(ユニセフに寄付もちゃんとしているし、、、)
(うちは長生きの家系だからなぁ~)

 

などと、ちゃんと

 

「自分が病気になるわけがない」という
自分勝手な逃げ口上まで
しっかりと思い探していたのです。

 

この間、1分もないのですよ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そこへ、天使の声が、、、

 

「こんにちは」

声がする方を見たら
年少組か、それより小さな男の子。

 

イギリスのサッカー選手で有名な
ルーニー選手の髪型に感じが良く似ている。

 

その声で、鈴木は我に返りました。

ルーニー坊や、ありがとね♪

 

 

 

追伸
その後、不思議とバクバク感も消えました。

(あれって、なんだったのだろう?)

 

追伸2
このように不安は
次から次へと連鎖するのです。

 

それも「倍返し」のようにね。

 

こんな時は、とりあえず
考えることをストップします。

 

そして、冷たい水を飲んだり
その場で、心臓がドキドキするぐらいに
その場ダッシュを繰り返すと

その「悪の連鎖」から
逃れることができます。

 

いいですか、、、?

 

負のスパイラルに突入したら
考えることをやめて
体を動かすことが重要なのです。

 

 

 

 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 07.19

    母娘の足首

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^