鎖骨を蒸しタオルで温めたら歯ぎしりが治った

この記事は2分で読めます

Pocket

先日も、患者さんから

うれしい報告を受けた。

 

大変喜ばしい。

 

外の天気は芳しくないのだが

鈴木の心の中は、波一つない
カリブ海をクルーズしている

超豪華客船のダイニングルームで

 

地平線に沈みゆく

真っ赤な太陽を眺めながら
ドライマティーニを

すすっている心持のようです。

それだけ、晴れ晴れしい、ということ。

前置きはそれぐらにして、

どんな報告かというと

「歯ぎしり」で悩んでいた女性に
熱刺激法を勧めたのだ。

「蒸しタオルを鎖骨を覆うように
当ててください」と。

そうしたら、

「先生、あれは効きますね」
「・・・・・・」

 

「タオル、、、蒸しタオルですよ」
「あぁ~、蒸しタオルですね。。。」

 

「1回やっただけなのに
一発で歯ぎしりが治った、って言ってました」

※患者さんのご家族の方が
歯ぎしりでお悩みになっていたのです

「そうですか

(1回で治った。ん~ん、すごい?)」

 

 

蒸しタオルを勧めた本人(鈴木)も驚くほど
熱刺激法の効き目はすさまじいものだ。

※熱刺激法というのは井本先生が
長年の臨床経験より開発したものです。

 

ただ、熱したタオルを当てるだけでしょ、と
簡単に考えている人もいるかと思う。

 

でもね、非常に効果が高いものなんです。

まずは、虚心坦懐、やってみることを
おススメします。

 

 

それでも、「何で効くの?」とか
メカニズムを知りたい勉強好きな人は

この本を購入して、本を読んでいただきたい。

一家に1冊あれば何かと
重宝する事、請け合いです♪

リンク貼っておきますね。


『たった5分で体が変わる すごい熱刺激』サンマーク出版

 

 

 

「ただ、この場合、歯ぎしりだから
蒸しタオルを鎖骨を覆うように
当ててもらったのです。」

「なぜ、鎖骨なの?」

「それはね、歯ぎしりする理由を
考えるとわかるんです。

 

歯と言うのは、上あごは頭蓋骨に
くっ付いていて、実際に動いているのは
下あごだけなのです。

下あごがうまいぐあいに上あごと
こすれあっていないから
歯ぎしりになるのです。

それで、下あごを動かしている
筋肉は、「何か?」というと

胸鎖乳突筋だから、、、。

この筋肉の左右差が出たために
うまくこあすりあえない。

だから、

鎖骨を温めるのです。」

 

「ん~ん、わかったような、わ

からないような」

 

「理屈はわからなくていいです。
よくなればね。。。」

 

「はいっ、わかりました」

 

 

 

 

追伸
それにしても1回でいい変化を
引き出せたのは

 

蒸しタオルの効果もさることながら
鈴木を信じて、蒸しタオルを信じて
くれたことに尽きるのです。

 

これを、プラシーボ効果
言いますが、、、

 

 

お互いの信頼関係が強固にあって

初めて起こりうることなのです。

 

操法は、「信頼」がすべてです。

 

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^