心の持ち方によって、ホルモンも免疫力も変わる

この記事は2分で読めます

Pocket

嫌々、やらされる仕事が続くと
情緒不安定になり、眠れなくなり
うつ状態に陥り最悪、過労死してしまうが、、、

 

好きなことをやっていると
同じ時間働いていても大丈夫だというのは
経験上、わかっていること。

 

そうか、、、

好きな事やればいいいのか。。。

 

と、思うけど、これがなかなか難しい。

 

日本画家の横山大観なんて
死ぬまで毎日2升のお酒を飲んでいたというし、、、

 

伝奇作家の山田風太郎も、
朝からウイスキーで酒浸りなのに元気

 

 

最近の例では
惜しまれながらも亡くなられた
聖路加病院の名誉院長

 

日野原重明さんも、糸井重里との対談で
こんなことを言っている。

 

 

<ぼくは、朝も忙しいから
食べれない方が多い>

 

だから、テレビに出演して
そこのスタッフから

 

「先生、健康の話しをしてください」と
依頼された時に、

 

「朝、起きて、そしてゆっくり
 これとこれと何種類食べて、
 十分に食べてくださいね」

 

と、いった模範解答を言いたいのだが、、、

 

実際は、いつも深夜の1時か2時に寝て
たいていは朝の6時に起きる。

 

それでもって、病院ってとこは
朝7時ぐらいには会議があるし

 

病気で苦しんでいる
入院患者さんも多い

論文執筆や、研究会への出席やらがある

超ハードな仕事だから

ゆっくり食事をしてる時間なんてないわけ。

 

 

だから、朝食は座らずに
コーヒー牛乳とジュースの立ち飲み。

時間も2分もかからない。

 

 

「口に入れたら20回噛め」とか言いたいけど、
自分の場合は「ごくっ」で終わり。

 

まったく噛んでいない(苦笑)

 

それでもって、この年まで
まぁ~とりあえず元気だからね。。。

 

不思議ですよ。

 

 

 

<法律でこれ以上働いてはいけない、

というのに従っていたら、ぼくなんか
3日ぐらいで過労死してしまうぐらいよ。

 

だいたい19時間ぐらい働いてるものね。

 

しかも、それを1年じゅうやってるんだものね。

それはもう、「働いている時間」ではないんです。

 

 

結局、ここなんですよね。

 

鈴木も、開業してからというのも16年間
毎日13時間労働で365日休みなしですから

それでも、元気だから、、、

 

 

心の持ち方によって、
ホルモンも免疫力も
変わってくるんですね。

 

まぁ~つまりは「考え方」ひとつというわけ。

 

 

 

追伸
日野原さん、実は若い時に
こんな体験をしたそうだ。

 

1970年、ハイジャックされた飛行機、
「よど号」に乗り合わせ、

「死」を身近に垣間見たそうです。

 

運よく、何事もなく
日本に帰ってきてから、というもの

 

人生がすっかり変わってしまったそうですよ。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^