腰の手術をして半年で「痛く」なった理由

この記事は1分で読めます

Pocket

これは患者さんに聞いた話。

 

30代の女性で立ち仕事をしている。
(守秘義務のため

細かいところは書けません。

 

 

脚がしびれてきたため、

考えたあげく腰の手術をした。

 

 

手術直後は腰も軽く

「やっぱり手術してよかった」と

思ったという。

 

 

ところが半年もすると
また痛くなったという。

 

 

あなたはなぜだと思いますか?

 

・手術の失敗
・体質
・腰が弱いから仕方ない

 

そうではありません。

 

 

手術後も、手術する前と

 

・同じ姿勢
・同じ習慣
・同じ体の使い方

 

をすればドクターが

いくら完璧な手術をしても、

 

何度手術をしても
間違いなく半年以内に

再発するでしょう。

 

 

なぜなら、「腰の痛み」の原因が

 

・以前と同じ姿勢
・以前と同じ習慣
・以前と同じ体の使い方

 

だからです。

 

 

「腰の痛み」はあくまで

結果として出ただけだからです。

 

 

次回は、もうちょっと

細かく書いていきますので
お楽しみにしていてくださいね!

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^