蒸しタオルと整体体操の併用で●●の再検診を防いだ

この記事は2分で読めます

Pocket

ある女性。

年代、お名前は言えない。
患者さんの個人情報になるからね。

 

その方、初めの診察は
昨年の秋ぐらいだったと記憶している。

違うかもしれないが、、、
その辺はご容赦(苦笑)


その時は、「左の腕が上がらなくなった」

それが長く続くので、ネットで
検索していたところ

たまたま鈴木のブログを
見かけたという。


そして、鈴木の所にお見えになった。とか。


お体を拝見すると
おなかに「これ」と思うところがあった。

 

おなかの左側の上のところ。

整体では、「ストレス過剰」を示す
感情抑圧活点のところだ。

 

右側の同じ箇所と比べると
この左側の箇所の異常は
誰が診てもわかるぐらい盛り上がっている。


鈴木「●●さん、失礼ですが
お仕事は大変なストレスが
かかるお仕事ですか?」

 

と、お聞きすると

患者さん「そうなんです」と、おっしゃる。


※ここが硬くなると左の腕が上がらなくなる。
違う原因で左の腕が上がらなくなる時もあるので、、、
その見極めが難しいところ。


左の腕を上げる急所を
何箇所か緩めたところ

突然、咳をし始めた。

 

その咳が1分くらい続いた。

とても長く感じた、、、。

 

※咳をすることによってその異常な
箇所を緩めているのですね。


整体体操を「行う」ように
すすめて1回目は終了した。


そして、しばらくたって
昨年の暮れにお見えになった時
どうもいつもと違う感じがした。

 

落ち込んでいる感じ。
足取りが重く感じられる。

(何かあったな、、、)と。


すると、
患者さん「実は、会社の健康診断で●●で
引っかかりました」とおっしゃる


患者さん「再検査なんです、、、」と、
悲しそうな声音でおっしゃるので、、、

その部位と関係するところに
しぼって操法をした。

 

そして、体操とその部位に
蒸しタオルを当てることをすすめた。

 


年が明けて
いつものように体を拝見すると
前にあった背中に妙な硬直が無い。

 

(おかしい、、、前回まではあったのに。
そうか、体操と蒸しタオルをしたのだな)

 

鈴木「●●さん、今日はいいです。
体操と蒸しタオルをしてくれたのですね」


念のため、この方の定点観測の箇所である
おなかの左側も気になるほどの硬直はない。

 

※患者さんそれぞれに「ここ」という
定点観測の箇所があります。


患者さん「実は、おかげさまで、
再検査の結果問題なしでした」

 

鈴木「それは、良かった。
あなたが必死に体操と蒸しタオルをしたためですよ」

 

 

【スポンサードリンク】

 


追伸
この方が良くなったのは
鈴木の操法が良かったのではないのです。

 

この方が、必死に一生懸命
体操と蒸しタオルをしたからなのです。


その必死さをこの方は、
こう表現しておられました。

 

患者さん「実は、蒸しタオルを当てている箇所が
みみずばれみたいになったんです」

 

鈴木「それは、タオルが熱すぎたんですね。
必死になるとほとんどの人がそうしますよ」

 

患者さん「そうですか」

 

鈴木「これからは、タオルを当ててみて
赤くならないところだけ当てて下さいね。
そうでなければ、蒸しタオルを
やる必要はありませんからね」

 

患者さん「当てなくてもいいんですか?」

 

鈴木「はい。赤くなればその箇所が
正常に働き始めた証拠ですからね。

次回の操法はちょっと空けて
●●にしましょう」

 


晴れやかな気持ちになった(^^♪

 

 

 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^