足首の捻挫癖がつく本当の理由

この記事は1分で読めます

Pocket

私の右足の内くるぶしの下には

ボコッとしたかたまりがあります。

 

中学、高校時代に

さんざんやってきたねんざの後です。

 

あまりにたくさん

やってきたためでしょう。

 

 

足関節にスポッと入って

いなければならない下肢にある

 

2つの骨の内側の骨が

正規の位置になく

ずれて入っているためです。

 

 

日常生活に支障はないのですが

若い頃、スキーに行くと

この部位が固いスキーシューズの内側に

当たっていつも痛かった記憶があります。

 

 

しかし、整体を勉強するようになって
ねんざすることも無くなってしまいました。

 

(その理由は後でお話します)

 

 

そもそもねんざは本来なら

足の裏がきちんと地面に平行に

着地していればしないのです。

 

 

ところが、何らかの理由で

足の裏が傾いて地面に

着いてしまうために

ねんざが起きるのです。

 

「じゃ~なんで足の裏が

傾くのですか?」

 

 

これは骨盤の左右差によるものです。

 

 

そんな時には、骨盤の左右差を

解消する腸骨体操がオススメです。

 

【人体美学】48ページ

 

 

  紹介している体操を

知りたい方は、下記からどうぞ。

<<<井本邦昭先生全著書はコチラ>>>

 

 

 

追伸
捻挫癖(ねんざぐせ)が

ついている女性は
婦人科系にトラブルが多いです。

 

長年、悩んでいることがあれば、

足首のチェックをされることを

おすすめします。

 

 

明日からもう少し突っ込んで

書いていきますので
お楽しみにしてくださいね。

 

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^