錦織圭が臀部を負傷した真の理由(上)

この記事は2分で読めます

Pocket

10/5(水)、第1シードの錦織圭(日清食品)が

第1セット途中で臀部(でんぶ)を
痛めて途中棄権した。


優勝候補ナンバーワンとして
満を持して登場した
楽天ジャパンオープンでのこと。


けがの箇所は、左のお尻だという。


「お尻の負傷?」と聞くと


整体指導者がまず考えることが

「呼吸器(肺)」の疲労だ。


(肺ということになると
気温、湿度がからんできている)

 

 

さらに
錦織圭のコメントを読んでみると

非常に興味深いことが読み取れる。


それは、以下のコメント


「(中略)臀部に強い痛みがあった。

それまで全く痛みもなく、

徐々に来た痛みではありません。」


とある。


このコメントの中に錦織圭を急遽襲った
左臀部痛の原因が隠されているのだ。


「鈴木さん、どういうことですか?
わかりやすく説明してください」


「はい、わかりました。


それはね、、、コメントのこの部分。


「それまで全く痛みもなく、
徐々に来た痛みではありません。」


この箇所


・今まで全く痛みはなかった
・それなのに急に痛くなった

 

 

これは、典型的な夏の症状なのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今年の夏(5月下旬~9月中旬)も
こういった方ばかりが

よしみ整体におみえになったのですが、、、


患者さんは口々に、

「昨日までは痛くなかった」
「激しい運動などしていない」
「思い当たる理由がわからない」


と、おっしゃり、


また、痛みの度合いを


「痛みの度合いは今までに
感じたことのないほどのむごい痛みだ」


と言う。

 

この錦織圭のコメントもこれに近い。

 

 

そこで、錦織圭が負傷した日時から
さかのぼって試合会場である

有明テニスの森公園がある
東京の天気を調べてみた。

 

 

すると、


9/30(金)最高気温:24.7

10/1(土)最高気温:20.9

10/2(日)最高気温:27.6

10/3(月)最高気温:26.5

10/4(火)最高気温:32

10/5(水)最高気温:26.4


と、なっている。


9月末に20度台となったところ
日曜日あたりから温度が上昇

 

試合の前日の火曜日には32度を
記録しているのがわかる。


つまり、気温が急激に高くなった、


ことがわかる。


※湿度も高かったと推測できる

 

 

 

体が、徐々に秋の気候に
慣れ始めたのだが

 

また、夏みたいに天候が戻って
しまったために

 

体はその変動についていけずに
負傷したのではと考えるのだ。

 

 

さらに、この負傷の原因が、
夏の暑さからくる理由として
考えられるのは、、、

 

もう一つある。

 

それは、、、

 

 


追伸
ちょっと時間が無くなってきたので
続きはまた明日にお話しします。

お楽しみに、、、

アディオス(^_-)-☆

 

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^