赤ちゃんのエネルギーをもらって日毎に元気になる鈴木の話し

この記事は1分で読めます

Pocket

「先生、妊娠しました」

 

声が誇らし気味で艶(つや)がある。

(待ち望んでいたんだな。。。)と。

 

胸のあたりがす~っとなり
温かくなってくる。

早速、その患者さんに
仰向けになってもらう。

 

すぐに、その方のへその下
(子宮がある箇所)を触診した。

 

そのあたりに、手を大きく当てると
一か所、感じの違う箇所があった。

 

(ここだなと、、、赤ちゃんがいるのは)

 

 

※鈴木だけの感覚かもしれないけれど
患者さんの要求(ここをさわって欲しい)を感じる。
かすかな引っかかりを感じる。

その箇所に鈴木の中指の
第一関節を当てる。

 

指がすっぽりこの穴に入るように
上下、左右に動かしていく。

 

すると、次第にその穴の中から
反発するものが出てくる。

 

それを、捉えていると

「気」というか、非常に大きな
エネルギーみたいなものが
噴き出しているように感じる。

 

そのエネルギーの凄まじさに
鈴木の体(=生命)も感応していく。

 

特に、赤ちゃんには
それが強く感じられる。

反対に死ぬ直前の体には
そのエネルギーを感じないから、、、

 

もしかしたら、
これが「生命」なのかもしれない。

 

生命=エネルギー

全く科学的じゃないが、、、
そう感じるのだからしかたがない。

 

 

 

追伸
それにしても、

女性には男にはうかがいしれない
途方もないパワーを内に秘めている。

 

受精卵から10月10日で
赤ちゃんに育て上げてくる女性たち。

その間、どんなことが
妊婦さんの体の中で
行われているのだろう?

 

赤ちゃんが自分のおなかの中に
いるってどんな感じがするんだろう?

男である鈴木はいつも
そう思うのです。

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^