幸せはいつでもあなたのそばにある

この記事は1分で読めます

Pocket

ある日の夕方。

 

天気は晴れ。

鈴木は、道場の郵便ポストを
見に外へ出た。

 

上空を眺めると
いい具合に空が赤く染め始めている。

その片隅を羽田空港を飛び立った
飛行機がその上空をかすめた。

 

このあたりは、羽田空港から
西へ向かう飛行ルートに
あたっているためなのか

この時間は特に飛行機の往来が多い。

 

 

そこへ、園児と思われる
女の子の声が聞こえてきた。

 

近くに、西谷保育園があるから
きっと保護者の「お迎え」の時間なのだろう。

 

園児「●●ちゃん、今日はね、●●したんだよ」

と、母親に一生懸命話している。

 

ママ「●●ちゃん、よかったね」

 

園児「うん」と、言ってその子は
おおげさにうなづいた。

 

それを見ていて

(あぁ~、これが幸せなのか?)と、、、

 

 

郵便ポストには何にも入っていなかった。

でも、何かを受け取った。

 

その後、いつもよりボリュームを大きくして
パブロ・カザルスが奏でる
チェロのバッハを聴いた。

 

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^