うつ病の原因がわからない?スマホ中毒ではありませんよね?

この記事は2分で読めます

Pocket

昨夜、自宅に帰ろうとバスに乗ったところ

バスに乗車するやいなや
27人のうち23人がスマホを取り出した。

 

私が持っているiPhoneや、他のメーカーのもあるようだ。

※スマホの大きさの違いでしか区別できない (・・;)

 


私の前に座った女性(20代前半、OLかな?)も
座席に座るやいなや、かばんからアンドロイドを
抜き出したと持ったら
ファッション系のサイトを眺め出した。

 

画面が大きいからよく見えるのだ。

 

他にも、頭にサングラスを引っ掛けた
30代の派手っぽい女性は、
以外にも「数独」をやりはじめた。

 

(おいおい、そんな脳年齢を
考える歳じゃないだろう?)

 

また、銀縁のメガネをかけたエリートっぽい
50代の男性は、パズドラをやり始め

 

60代の男性はポーカーをやっている。

 

(人それぞれだなぁ~。)


(知らないうちにスマホの性能は
 すごいことになっているなぁ~)


(これだから孫さんは億万長者なんだな)

などを考えた。

 

 


良きにつけ悪しにつけスマホの登場は
Windowsの登場以来、
大きく時代を変えていくことは
違いないだろうなぁと思った。

 

 

【スポンサードリンク】

 


その晩、夕刊を見たところ
気になるこんな記事を見つけた。


『スマホ履歴でうつ診断』

 

(えっ、なになに)で、早速中身を見た。

 

 

アメリカのノースウェスタン大の研究グループが
発表したところによると

 

「うつ病になると自宅に引きこもって
スマートフォンを長時間使用する傾向がある」

 

(ん~ん、ホントに)

 

場所や時間といったスマホの使用履歴を
追跡することで、患者の早期発見や治療が
可能になると期待している。

 


研究グループは2週間にわたり、うつ病患者14人を
含む28人を対象に、スマホの位置情報や
使用履歴を分析した。

 

この結果、うつ病でない人の1日の平均使用時間は
17分だったのに対し、患者は4倍の68分に達した。

 

(これがホントだったら日本のJKは
みんなうつ病予備軍だぞ)

 

※日本のJKのスマホ利用時間は平均8時間という

 


さらに、うつ病患者の使用場所は自宅など
極めて少ない地点に限られていたことも判明。

 

外出する気力がなくなり、憂鬱(ゆううつ)な気分を紛らわすため、
一人でインターネットやゲームをしていたとみられる。

 


研究チームは


「問診を行わなくても、スマホの情報を分析することで、
うつ病の診断ができるようになった」と成果を強調。

 

 

なんとも、、、

 

スマホのGPS機能を使って
うつ病診断ができるとは、、、。(´・ω・`)

 

 


少し、スマホと接する時間を
考えないといけないなぁ~。

 

 


そういえば、1年ほど前、ソフトバンクのショップで
充電していたところ、変な20代前半の男性だがいた。

 

店員さんに、こんなことを執拗に話していた。

 

「ボクのスマホ、平気ですよね、平気ですよね?」
「早くもとどおりにしてください、早く」

 

 

私は、充電も完了していなかったが
その場をすぐに離れた。

 

あれから、あの店員さん、どうしたかな?

 

 

 
【スポンサードリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^