あなたの人生があなたのメッセージ

この記事は2分で読めます

Pocket

先日の13:28のこと、、、
 
 
最寄りの西谷駅から
道場で使用する釣銭の補充のために
横浜の銀行へ向かおうとしたところ、、、
 
西谷駅の構内にある
市街図を食い入るように見ている
60歳代の男性を見かけた。
 
1人だ。周りには誰もいない。
 
 
(こういうの、いいなぁ~)
 
と、自然に思ってしまう。
 
 
 
なんせ、、、
鈴木のモットーは、
 
頭山満が言ったように
 
「1人でいてもさびしくない人間になれ」だからね。
 
※未だに評価が分かれる不思議な人
気になる方は、ググってね。
 
 
 
片手には、事前に
自宅でコピーしてきたであろう地図。
 
(あの色具合は、グーグルマップにちがいない)
 
 
その地図と、駅の地図とを
何度も見比べている。
 
 
背負うリュックの外袋には
2本のミネラルウォーター。
 
不意の雨を予想しているのか
小ぶりな折りたたみ傘の先っぽが見える。
 
頭には、その男性に
お似合いの帽子がちょこんと載っている。
 
(きっと、奥さまの選択だろう)
 
※この色合いを選択するのは
男性には難しい
 
 
ふいに、
 
 
(きっと、会社にいたころは
仕事ができた有能な人)
 
だと、感じた。
 
※鈴木の私見だが、
仕事の8割は事前の段取りで決まる。
 
 
 
「鈴木さん、それって、、、
どうかと、思いますよ?
 
小説の読みすぎとちゃいますか?」
 
「確かに、、、
 
鈴木の妄想のなせるわざ
なのかもしれないですね。
 
でも、きっと、そんなに大きくは
外れていない自信がある」
 
 
「なぜ、そうやって言えるの?」
 
「なぜかな、、、
 
生きざまは顔、形、雰囲気に
必ず出るからね、、、
 
 
インドのマハトマ・ガンジーもこう言っている。
 
「あなたの人生があなたのメッセージ」とね。
 
 
 
その4分後、
横浜へ向かう電車に乗ったが
 
車窓の景色は、いつも見るよりも
輪郭がはっきりしているように見えた。
 
 
 
 
 
追伸
あなたが、もし、こんな男性を
見かけたなら、、、
 
「お困りですか?」
 
など、といった陳腐な声を
掛けてはいけませんよ。
 
ほっといて、あげてね。
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^