-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

03.17 40代から始める 大便と尿漏れ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

大便と尿を、出す肛門と尿道は

だいたい同じ所にある。
 
まぁ~使われる筋肉が同じである
ということ。
 
 
ちなみに、生殖器の膣も
同じところにあるから
 
 
便と尿と、膣とは
関係が深いということがわかる。
 
 
さて、
今日の、ブログのタイトルは
ある健康雑誌から持ってきたのだが
 
中をのぞくと
40代の女性を対象に書かれている。
 
 
 
つまり、40代で、女性の方に
便と尿と、膣の深刻な問題があるわけだ。
 
 
ここで、40代で、女性に関係がある
共通のキーワードを探すと
 
 
 
【出産】
 
 
 
が、出てくる。
 
 
私のところには、出産後の
女性もお見になるのだが
 
おおむね出産後に、
 
痔・尿漏れ・膣の問題が出てくる。
 
 
そこで、そのような症状がでた人に
話しを聞いてみると
 
出産直後、すぐに
起き上がった人に多く、
 
 
母親にこの時ばかりと
 
”甘えた”人は症状が出ない。
 
 
 
つまり、出産直後の処置の
仕方に問題があるようだ。
 
 
ここで難しい話しをしても
仕方がないので・・・
 
 
カンタンに説明するが
 
出産時に、開いた骨盤は
その後、徐々に閉じていく。
 
(骨盤が閉じながら便と尿と、
膣を支えている筋肉が
働きを活性化させていくいうこと)
 
 
 
ただし、
 
閉じていく最中に
起き上がったりすると
骨盤のしまりは途中でストップ。
 
(便と尿と、膣を支えている
筋肉が働くのを忘れて
しまうということ)
 
 
両方の骨盤がそろっていない情況で
40代を迎え【閉経】がやってくる。
 
 
そして、40代からの深刻な便と尿と、
膣の悩みにつながってくるわけだ。
 
だから、出産後両方の骨盤が
きちんと閉じるまで
きちんと静養するのが好ましい。
 
 
 
(でも、そんなこと言ったって
もう遅いよ。現実的に。過去には
戻れないし・・・
 
じゃ~今どうすればいいの)
 
 
 
内転筋からの骨盤挙上体操
オススメです。
 
 
 
 
施術するなら、とにかく、
骨盤を閉じるように締めていきます。
 
もうこれしかありあせん。
 
 

 

 
 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

田中将大の肘の回復次第?!

期待感を抱くと生徒は伸びる

痴呆症になる人の特徴

 

盲亀浮木(もうきふぼく)の譬え

横浜市に生まれてホントによかった

日本の原発をやめてもなぁ~

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択