夜中のおしっこ予防には内ももを伸ばす

この記事は2分で読めます

Pocket

この前、患者さんから

「このごろ、ブログの更新がされてないね」

と、ちょっぴり笑われながら

指摘されました。

 

どきっ、としました (汗)

 

ちょっと反省をしました。

 

 

(いいものを書こうと

思うから続かない。

ここは”量をこなすと

いつしか質に転化する”を信じて、

 

今日から書いていこうと思います。

 

 

 

さて、今日は新聞でよく見かけるコピー。
『60代、夜中に何度も目がさめる』です。

 

世間では、歳だから

しかたないとあきらめたり

サプリメント(ノコギリヤシ果実エキス)を
使用するケースが多い。

 

 

ちなみに、

このノコギリヤシ果実エキスが

効く理由は、

 

ノコギリヤシ果実エキスは、
還元酵素5-αリダクターゼを阻止し、
ジヒドロテストステロンの生成が抑制された。

 

 

そして、ジヒドロテストステロン
(男性ホルモン・テストステロンの代謝産物)と
その受容体との結合を阻止した。

 

その結果、薬に頼ることなく
前立腺肥大症による排尿困難は
改善されました。

 

ということらしい。

 

 

つまり、前立腺肥大は

男しかかからない。

夜中におしっこが頻繁に出るのは
この前立腺が腫れるためだから

この前立腺が腫れないように
すればいいということらしい。

 

(なるほど)

 

 

ところで、

整体では、あくまでも

人体力学の観点から
からだを診ていくので

 

夜中におしっこが

頻繁に出るようなからだは
どんなからだだろうと考える。

 

 

すると、夜中におしっこが

頻繁に出る方は

 

・股関節が硬い
・おしりの筋肉がやせている
・腰が下がっている

・姿勢が悪い
・内ももが(特に左側)硬い

 

専門的に言うと腰の

一番下の骨である
腰椎5番の硬直が見られる。

 

 

(※この骨がこわばると

坐骨神経痛のようになったり、

前かがみになりやすい)

 

 

だから、腰椎5番を

ゆるめるようにするわけです。

 

 

さらに、なぜ腰椎5番が硬直したのか?

その原因にまで踏み込んでいき
そこを調整していくわけです。

 

 

追伸:

体操なら
がに股の複合体操がよい、

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

ガスター10を飲んでも改善しなかった胃の痛み

胃腸風邪は整体体操で治る

胃腸風邪をひいて 溜まった「偏り疲労」を 抜く

 

胃腸風邪をひく理由

胃腸炎の原因は肋骨が下がったから

胃腸の不調の改善には、胸郭を上げることが大事です

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^