『バリー・シール』このトムを待っていた

この記事は2分で読めます

Pocket

T・クルーズ『ザ・マミー』
以来の主演映画。


個人的には、『トップ・ガン』
以来、彼の出る映画は見続けている。


それにしても、

『トップ・ガン』は
勢いがある当時のアメリカの
力強さを物語るヤングな映画だった。

 

この映画の主役で、
T・クルーズは一躍トップスターの
仲間入りを果たした。


彼が、大型バイクに乗る姿は
カッコよかったね、、、

 

 

それに、この映画に
助演として参加してた

 

ヴァル・キルマー、
メグ・ライアン、
ティム・ロビンスらは

その後、いい役者になった。

 


(人生って、後で考えてみると
こういう巡りあわせと
いうのはあるなぁ~)

 

と、しみじみ思う。


鈴木は、ヴァル・キルマー、
メグ・ライアンは「好き」なんで。。。

 


その後、

『レインマン』では
D・ホフマンの弟役を演じた。

 


それなりに活躍は
しているものの

 

正直いって

『トップ・ガン』と
『ミッションインポッシブル』以外は

的外れな、寒い映画が多い。


(誠に残念、、、)


興業的にも「ヒット作」とまでは
いかなかったらしいしね、、、


ファンとしては、地団駄を踏むぐらい
憤りが激しかったが、、、

 

 

今回の、
『バリー・シール/アメリカをはめた男』は

T・クルーズの明るさが際立って
とても「いい」ように思った。

 


(久しぶりに、適役だね)

 

 

この映画を見ていない人も
いると思うので、、、

 

まずはストーリーの紹介です、

参考:『109シネマズ』

 

 

ココから


天才的な操縦技術を誇り、
民間航空会社のパイロットとして

何不自由ない暮しを送っていた


バリー・シールの元に、

ある日CIAのエージェントが
スカウトに現れる。

 

CIAの極秘作戦に
偵察機のパイロットとして

加わる事となったバリーは、

 

その過程で伝説的な麻薬王
パブロ・エスコバルらと接触し、

 

麻薬の運び屋としても
その才能を見せ始める。

 

ホワイトハウスやCIAの命令に
従いながら、

 

同時に違法な麻薬密輸ビジネスで
数十億円の荒稼ぎをするバリー。


しかしそんな彼の背後には、
とんでもない危険が迫っていた…。

 



ココまで

 

 

鈴木の感想を羅列していきますね。

 

 

・アーカンソー州知事時代の
クリントン元・大統領も
電話の中でちらっと出てくるので
時代背景がわかって実感がわく

 


・バリー・シールのように
CIAのエージェントになって
実際に手を汚す人は

 

政府の方針が変わったり
都合が悪くなると

 

上の人に「はしご」を外され
「とかげの尻尾切り」の目に会い

 

結局、「使い捨て」にされ
悲惨な人生を送ることが多い。


したがって、


教訓:絶対に誰かの配下にならないこと


自分の人生を、他人に
コントロールされてはいけない、ということだね。


・アメリカでは、

麻薬の不法持ち込み、
税金の支払い逃れ、
マネーロンダリング

の、罪の中でも

 

マネーロンダリングの罪が
大きいようだ。

 


・コロンビアの麻薬カルテルが
危ない目にあっても絶対に
麻薬から足を洗わないのは

 

何といっても「利益率」の高さ
ゆえんであろうと思った。

 

「お金」の魔力なのだろう。

 

 

・「お金」は、
使える分だけあればいい。

 

 

 

 

追伸
「おいしい話し」は
世の中には存在しない。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^