暗殺者グレイマンとゴルゴ13

この記事は2分で読めます

Pocket

「ゴルゴ13はわかるけど
グレイマンって何者?」

 

そう、思うでしょうね、、、

 

グレイマンとは、
アメリカの作家M・グリーニーが
創出した暗殺者の主人公のニックネーム。

 

グレイは、英語で灰色。

灰色は黒と白の真ん中。

 

黒ほど目立たず
対極の白ほど目立たない。

 

つまり、目立たない人、ということ。

まぁ~神出鬼没な人物というわけだ。

 

国籍不明、年齢不明
彼と連絡を取る方法もない。
居場所を特定することが難しい。

これってゴルゴ13もいっしょ。

 

鈴木の考えでは、M・グリーニーは、
自筆で書いていないけど、、、

さいとうたかしの『ゴルゴ13』を
研究して彼をモデルにしていると思う。

 

勝手な推測だが、、、
おおかた間違ってはいないと思う。

自信がある。

 

と、いうのもグレイマンがすることが
ゴルゴ13に似ているからなのです。

 

・数ヶ国語をしゃべることができる
・武器、医術、ITに詳しい
・ロングキル(狙撃)に堪能

 

・ショートキル(接近戦)にも堪能
・飛行機、ヘリも操縦できる

 

など。

 

また、ゴルゴ13同様
暗殺者:グレイマンシリーズでも

世界情勢、防犯最前線、武器の話し
内紛に至るまでの世界の歴史

 

など周辺情報も詳しく書いてあり
そちらの方の勉強にもとても役に立つ。

 

「鈴木さん役に立つのはわかりました。
わかりにいから例を出してください」

 

「わかりました」

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

例えば、顔認識ソフトです。

 

つまり、街角によく見かける
防犯カメラに1回でも
あなたの顔が捕捉され映されると

 

あなたの顔のデータは
ネット上から半永久的に消失することはない。

 

その膨大なデータから
顔認識ソフトがサーチすると
世界中のどこに隠れていても
あなたを見つけ出すことができるのです。

 

と、いうことは

グレイマンのような「お尋ね者」は
世界中で逃げ場所は無いと
いうことになるのです。

 

恐ろしい世の中になったものです。

 

そんなこともこの小説から学びました。

 

「えっ、たかが小説でしょ、、、」
「侮らないでください。
現実は小説を凌駕していますよ」

 

 

 

 

追伸
M・グリーニーは、暗殺者:グレイマンを
主人公にして4作書いています。
※邦訳のみ

 

どの本もとてもおもしろいです。

ぜひ、読んでみることをおススメします!

 

 

 


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^