酷い花粉症には、肘を温める

この記事は2分で読めます

Pocket

時折、「くしゅん、くしゅん」と

花粉症のような症状が

出ている人がいる様子なので・・・

 

過敏体質というか?

敏感というか

 

 

いずれにせよ大変ですね(´・ω・`)

(何を食べても味がわからないし
とにかくつらいそうです)

 

たまたま見かけた

植木の職人さんなんかは、
両方の鼻の穴にテッシュを

詰め込んでおりました。

 

気の毒です

 

 

また、聞いた話によると
「鼻の奥をレーザーで焼く」という
怖そうな治療もあるそうです。

 

(花粉に反応する細胞を殺すとか
ただ、効果が1シーズンしかないとのこと。

なぜって?細胞が再生するからだそうです)

 

 

さて、本題に戻って

 

そんな時におすすめなのが

「肘」を温めることです。

 

花粉症の原因は、
肋骨のこわばりだから。
肋骨と関係が深い肘を温めると
肋骨がゆるむんです。

 

???

 

まず「花粉症」の症状を

考えてください。

 

・鼻水
・くしゃみ
・目がかゆい

 

などですね。

 

 

ひとつひとつ検討していくと

・まず鼻水です

 

⇒鼻水が出ることによって

肺の乾燥を防ぎます加湿している

 

・くしゃみ

⇒強ばった肋骨をじかにゆるめています

 

 

・目のかゆみ
⇒日頃、目を酷使している人が

「目をかく」ことによって

充血を取ろうとしています

 

と、言う具合に

 

 

体は、あなたの意志とは関係なく
不具合になっている箇所を
緩めようとする働きがある。

 

 

それを我々は「病気」と

言っているわけだが・・・。


なんともおかしな話である

 

 

さて、肘の温め方だが
大きな洗面器にやけどをしない

程度のお湯をはる

 

 

そこへ、肘から先、

つまり前腕がすべて

かぶるくらいに腕を入れる。

 

6~8分ほどやると、

うっすらと汗をかく。
そしたら終わりである。

 

「効果」は高いよ~。

 

まずは、やってみることをお勧めする。

ずいぶん楽になります。

 

なお、お風呂のついででやっても

効果がないので意注意。

 


湯船に入る前の

4~5時間前にやるとよいです

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

田中将大の肘の回復次第?!

期待感を抱くと生徒は伸びる

痴呆症になる人の特徴

 

盲亀浮木(もうきふぼく)の譬え

横浜市に生まれてホントによかった

日本の原発をやめてもなぁ~

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^